3月1日に『predawn / Don’t give it up』をリリース。3月5日からは全国ツアーを展開するガールズ・ダンス&ボーカルグループの東京女子流。

その最年少メンバーである新井ひとみのInstagramに女性のフォロワーが急増!彼女のInstagramを参考にする【インスタ女子】たちが増えていると話題になっている。

Instagramのプロフィール画面には3枚ずつ横並びで写真が配置されるのだが、インスタ上級者たちやファションブランド、コスメブランドなどの企業は【3枚の画像を使って1つの作品として表現する方法】を使っている場合が多い。新井ひとみはこの手法を使って【彼女ならではの見せ方】を実践している。

まずは、『predawn』のMusic Videoの撮影日の模様から。自宅から撮影現場へと向かう途中の私服コーデのオフショットからMusic Videoの撮影終了までの過程を投稿。下段の3枚にオフショットをまとめ、上段はMVの撮影中の写真。その両列がヒキからヨリへと徐々にズームアップしていく。一番右に足下の写真用いて、OFFからONへの切り替えを上手く表現している。

続いては、バレンタインデーの投稿。ハート型のチョコレートは、スイーツ好きな彼女ならでは!入手困難な有名店のチョコレートをセレクト。情報源はファンからの投稿やSNSのコメント、ネットの情報が中心だそうだが、情報の早さやアンテナの感度は、以前紹介した「自作スイーツ食べ歩きノート」で日々培ったのかもしれない。

そして、隣には「女の子のみんな頑張れっ 想いが届きますように、、、」と綴ったイメージフォト。さらにキュート&レイバンのサングラスをかけたモノトーンフォト。モノトーンの写真がアクセントとなっているのはもちろんだが、3枚全ての写真にピンクのハートを入れることで統一感を出している。このあたりも彼女ならではの細かなこだわりポイント。大好きなスイーツや食べ物の写真にも彼女ならではのこだわりが。

そして、彼女のインスタに多く登場するスイーツや食べ物の写真にも同様の手法は使われている。ある日のランチタイムに投稿されたステーキの写真。1.2kgの塊を載せた写真には『まさか!1人で?』といったコメントが。その後、400gの写真には、「400gも食べるの?」「よく食べるのに本当にスタイルいいよね」「肉食系天使新井さんっ」といったコメントが集まり、ファンの間でも話題になったとか。

スイーツや食べ物の写真を撮る時は、スマホだけではなく、時にはデジカメを使ったりもする。また、対象物の美しさや迫力、美味しさを伝えるために、角度やバランスを考えて撮影し、その中のベストショットに、アプリで文字や数字を入れたりして掲載したりするそうだ。

写真の構図や投稿するタイミング、順番などを気にしながら、その写真に合わせたハッシュタグを用いて投稿。そして、投稿後はコメントでファンとのコミュニケーションもとっていく。

Instagramを単なるSNSツールとしてだけではなく、表現の場としてとらえ、ファッション、メイク、そして大好きなスイーツ写真など、自分が撮った写真の1枚1枚を作品として投稿する新井ひとみ。

フォトジェニックな彼女のInstagramに女性のフォロワーが急増したのは、キュートな彼女に惹かれたのはもちろん、彼女が撮ったこだわりの写真たちやインスタの使い方を参考にするためなのかもしれない。