画像

写真拡大 (全2枚)

 DACHDとDACは、ユーザーのオフライン環境と連動したデジタル広告配信を実現する、音声によるコンテンツ認識技術を活用した広告配信システムを開発した。

 D.A.コンソーシアムホールディングス(DACHD)と、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(以下、DAC)は、ユーザーがオフラインで視聴中のコンテンツや広告(例:テレビやラジオ、屋外広告)を音声をもとに特定し、その視聴状況に応じて広告を配信するシステムを開発。特許を取得した。

 同システムは、ACR(※)を活用し、テレビやラジオ、屋外広告から発せられる音の特徴をスマートフォンのマイクを通じて捕捉することで、ユーザーが視聴しているコンテンツや広告を特定。DACのDMP「AudienceOne」と連携させることで、ユーザーごとのオフラインメディアへの接触状況に応じた最適なデジタル広告やコンテンツのターゲティング配信が可能となる。

 DACは同システムの活用によりマスメディアとデジタルメディアを掛け合わせた新たなマーケティング手法を提供していく。

※ACR(Automatic Content Recognition):現在視聴されているコンテンツの映像や音声等を分析し、そのコンテンツが何かを特定する技術。

MarkeZine編集部[著]