「ズートピア」の一場面 (C)2016 Disney. All Rights Reserved.

写真拡大

 第89回アカデミー賞の授賞式が2月26日(現地時間)、米ロサンゼルスのドルビー・シアターで行われ、長編アニメーション賞を米ディズニー・アニメーション・スタジオの「ズートピア」(バイロン・ハワード&リッチ・ムーア監督)が受賞した。同賞にノミネートされていたスタジオジブリ作品「レッドタートル ある島の物語」は受賞を逃した。

 「ズートピア」は、動物たちが高度な文明を築いた都市ズートピアを舞台に、ウサギの女の子ジュディが警察官になるため奮闘する姿を描いた長編アニメ。ディズニー・アニメーション・スタジオの作品が長編アニメーション賞を受賞するのは、第87回の「ベイマックス」以来2年ぶり。ピクサー・アニメーション・スタジオ作品を含めれば、第85回「メリダとおそろしの森」(ピクサー)、第86回「アナと雪の女王」、第87回「ベイマックス」、第88回「インサイド・ヘッド」(ピクサー)、そして今年の「ズートピア」と5年連続でディズニー作品の受賞となっている。