写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●AKGとコラボした「Galaxy Tab S3」
IT・モバイルの展示会「Mobile World Congress 2017」の開幕前夜、Samsung Electronics(以下、サムスン)がスペイン・バルセロナ市内で新製品発表会を開催。Galaxyシリーズの最新タブレットが一斉にベールを脱いだ。

サムスンは例年、MWC本開催前日の当イベントに照準を合わせてフラグシップスマートフォンの「Galaxy Sシリーズ」を発表してきたが、今年は事前に最新モデルの発表は行わない方針が伝えられていた。そしてフタを開けてみれば、やはりGalaxy Sシリーズに関する発表はなかったものの、おそらくSシリーズの最新モデルに関連するUnpackedイベントが3月29日に実施されることが明らかになった。

今回のMWCでは、タブレットの新商品となる「Galaxy Tab S3」や、2in1スタイルのWindows 10搭載タブレット「Galaxy Book」シリーズが主役を担った。Androidタブレットの「Galaxy Tab S3」は約9.7インチのモデルが1機種。カラバリはブラックとホワイトの2色となり、それぞれにLTE/Wi-FiモデルとWi-Fi専用モデルがそろう。3月24日から順次各取り扱い地域に展開される。

Windowsタブレット「Galaxy Book」は、10インチと12インチの2サイズ展開。それぞれにLTE/Wi-FiモデルとWi-Fi専用モデルを用意する。本体色はメタリックシルバーの1種類だが、付属するキーボード兼用カバーとスタイラス「Sペン」のカラバリがホワイトとブラックで異なる。

Galaxy Tab S3とGalaxy Bookの12インチモデルは、いずれも搭載しているディスプレイが「HDR(ハイ・ダイナミック・レンジ)」の高画質映像コンテンツの表示に対応する。

以下、製品別にみていこう。

○AKGとコラボした高音質タブレット「Galaxy Tab S3」

「Galaxy Tab S3」は約9.7インチの有機ELディスプレイを搭載するタブレット。OSにはAndroid 7.0、CPUにはクアルコムのクアッドコアプロセッサー「Snapdragon 820」をそれぞれ採用している。ディスプレイの解像度は2,048×1,536ドット(QXGA)。メインメモリは4GB。32GBの内蔵ストレージのほか、記録メディアとしてmicroSDカードも使える。

先述の通りディスプレイはHDRコンテンツを高精細に表示できる。ブルーライトから目を保護するための「ブルーライトフィルターモード」を載せた点も特徴だ。グラフィックスが緻密で動きの速いゲームコンテンツの表示性能を高めるため、高性能グラフィックスAPIの「Vulkan API」が搭載された。

サムスンは本機の音楽再生のクオリティを「9.7インチのホームシアターシステムに匹敵する」と称している。鍵を握るのは本体の4隅に配備された新開発のスピーカーだ。音のチューニングは、オーストリアの老舗オーディオブランドであるAKGのエンジニアが担当している。AKGは昨年秋にサムスンが買収した米ハーマンインターナショナル傘下のブランドであることから、今回のコラボレーションが実現した。

タブレットの向きを縦・横に回転させた場合も、それぞれの向きに合わせてステレオ再生の左右チャンネルの音を最適化する「音声自動回転モード」を備える。イヤホンジャックから出力する音声もAKG独自のチューニングによるもの。展示された実機を試聴してみたが、解像感が高くクリアなサウンドはまさしくAKGの血統を継ぐ出来映えだった。

なお、サムスンでは今後もAKGブランドとのオーディオ面でのコラボレーションを密にしていく考えだ。次世代のスマホ新製品にはAKGのイヤホンを同梱する計画もあるという。

Galaxy Tab S3に同梱されるスタイラス「Sペン」は、ワコムとの共同開発によるものだ。ペン先を0.7mm相当に細くしたうえ、筆圧感度を高めたことにより、より繊細な文字やドローイングの表現の幅が広がる。ドイツの筆記具メーカーであるステッドラー社と共同開発した、鉛筆のようなデザインのSペンも別売オプションとして発売される。

内蔵バッテリーの容量は6,000mAh。駆動効率も高められており、12時間の連続動画再生が可能。メインカメラの有効画素数は1,300万画素、フロント側のカメラは500万画素。USB Type Cが1基付いている。

●「Galaxy Book」と新しい「Gear VR」
○2in1スタイルのWindows 10タブレットPC「Galaxy Book」

「Galaxy Book」シリーズはWindows 10を採用した2in1スタイルのタブレットPC。マイクロソフトのSurfaceシリーズのように、専用のキーボードカバーを本体に装着して、折りたたんだ形状を変えることで様々な使用スタイルが取れる。本体カバーの内側にはバックライトを乗せたキーボードが並ぶ。マグネット方式のPOGOコネクターにより、本体と簡単に接続ができるところも利便性が高い。

大判の12インチモデルには2,160×1,440ドットのHDR対応有機ELディスプレイを搭載。CPUはIntel Core i5シリーズの3.1GHz デュアルコアプロセッサー。10.6インチのモデルは1,920×1,280ドットの液晶ディスプレイで、Intel Core m3シリーズの2.6GHzデュアルコアプロセッサー仕様。どちらもメインメモリーにはサムスン製の4GB DRAMを載せている。データ伝送と充電用として2基のUSB Type C端子を搭載。イヤホン端子も備えるが、本機の場合はAKGブランドによるサウンドチューニングは行われていない。

本体の厚みは7.4mmと薄型化を実現しているが、発表会場のハンズオンで実機を手に持ってみたところ、キーボード付きだったせいかやや重みが感じられた。キーボードの打鍵感はとても心地良い。

Samsung Electronics EuropeのCMOであるDavid Lowes氏は、「タブレットというカテゴリー自体が、いま大画面ファブレットが台頭してきたことによって縮小しつつある。だが、タブレットを家庭でのエンターテインメントツールとしてより使いやすいものに高めていければ、まだまだ伸びしろはある。コンテンツビューワーとして、あるいはリモコン代わりに色々な使い方を開拓していくことができるはず」と期待を寄せる。Galaxyのタブレットは、iPadの良きライバルとなれるのか。各取り扱い国・地域での販売は、4月下旬から5月上旬になる予定だ。

○Oculusと共同開発のリモコン付き「Gear VR」

VRヘッドセットは米Oculusとの協業により開発したリモコン付属の「Gear VR with Controller」を発表。コントローラーにはタッチパッドとボタンの両方が載っている。片手でVRコンテンツの操作を機敏かつ正確に行える。APIも開発者向けに公開しているので、今後専用コントローラーに最適化されたゲームも増えていく予定だ。

本体はGalaxy Sシリーズ、Noteシリーズのスマートフォンを装着してVRコンテンツを視聴する、従来のGear VRシリーズのコンセプトはそのまま受け継いだ。対応するスマホは、Galaxy S7 / S7 edge / Note5 / S6 edge+ / S6 / S6 edgeの6機種。

●Note 7の反省と、5G対応コンシューマー製品への意欲
○Note 7の発火を乗り越えられるか?

発表会の冒頭では、Samsung Electronics EuropeのCMO、David Lowes氏が「Galaxy Note 7」で発生したバッテリーの発火問題を振り返った。Lowes氏は「この反省を受けて、今後の製品開発における品質検査の基準をより厳しいものに引き上げていくことが決まった。第三機関による検証チェックも採り入れながら、お客様により安全な製品を提供するための仕組みを徹底してつくる。より真摯な姿勢でものづくりに取り組んでいきたい」とコメントした。

その他にもサムスンによる次世代の高速移動通信システム「5G」に向けた今後の取り組みについても言及された。本件についてはSamsung Electronics Americaのプレジデント兼COOであるTim Baxter氏が壇上でこう説明している。「サムスングループの企業、それぞれが持つAIやクラウドサービス、モビリティのノウハウを取り込みながら、サムスン独自の高度なコネクテッド家電のエコシステムを確立する」。

さらにBaxter氏は目標を実現するために、今後の5Gに関連する「通信の高速化」「簡易なオペレーションの確立」と「大容量通信キャパシティの確保」がキーポイントになると指摘。来年前半頃を視野に、北米・韓国・日本の各地域に5Gの通信技術を投入したコンシューマー向け商品を発売する計画が立ち上がっていることについても触れた。

アメリカでは大手通信事業者であるベライゾンとも連携しながら、ICチップセットにインフラ、最終製品の開発まで積極的な連携体制を整える。実際の商品を提供する段階では、教育機関に対してVRを活かしたオンライン学習ツールを提供したり、またバーチャルゴルフコースなどのアミューズメント施設へ展開も含めた新しいアプリケーションを視野に入れている。壇上でBaxter氏は「5Gの次世代通信のパフォーマンスを体験できる日はもうすぐそこに来ている」と力を込めて語った。

(山本敦)