写真提供:マイナビニュース

写真拡大

クロス・マーケティングは2月23日、「タクシー利用」に関する調査結果を発表した。調査は2月18日〜19日、一都三県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)在住の20〜69歳の男女1,000名を対象に、インターネットで行われた。

○タクシーの乗車頻度「月に1回」が最多

「タクシーの乗車頻度」を聞いたところ、74.4%が「ほぼ利用しない(月に0回)」、25.6%が「月に1回以上利用する」と回答した。「月に1回以上利用する」と答えた人のうち、「月に1回」が34.4%で最も多く、次いで「月に2〜3回」(23.4%)、「週に1〜2回」(22.3%)、「ほぼ毎日」(10.5%)となった。

次に、「1回あたりの平均利用料金」を聞いたところ、「1,001円〜2,000円」が最も多く36.7%。以降「1,000円程度」(21.1%)、「2,001円〜3,000円」(16.4%)と続いた。以降、「730円(基本運賃)以下」(16.0%)、「3,001円〜5,000円」(3.9%)となった。

○運賃改定後のタクシー利用状況

1月30日よりタクシーの初乗り運賃が、2キロ730円から1.052キロ410円に改定されたが、タクシーの乗車率にどの程度の変化があるのだろうか。「東京都在住で、かつ月に1回以上タクシーを利用する人」に対し、「運賃改定後にタクシーを利用したか」を聞くと、56.1%で「乗車していない」が最多に。次いで、「乗車した」(36.6%)、「運賃改定について知らなかった」(7.3%)となった。

また、「今後もタクシーを積極的に利用していきたいと思うか」を聞くと、43.1%が「積極的に利用していきたいと思う」で最多となった。以降、「現時点ではまだわからない」(42.3%)、「積極的に利用していきたいとは思わない」(14.6%)となった。

一方、「東京都在住、且つタクシーをほぼ利用しない人」に利用意向を聞くと、64.0%で「現時点ではまだわからない」が最多に。以降、「積極的に利用していきたいとは思わない」(32.3%)、「積極的に利用していきたいと思う」(3.7%)となった。

(CHIGAKO)