ジュビロ磐田に加入した中村俊輔。低い位置でボールを受けゲームメイクを試みた【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

終始硬い展開。紅白戦で広がっていた同様の光景

 25日、セレッソ大阪との開幕戦に臨んだジュビロ磐田。中村俊輔の移籍加入もあり大きな注目が集まったが、試合はスコアレスドローに終わった。名波監督率いるサックスブルーは攻撃面で課題を残したものの、キャンプ中から取り組んでいた守備の部分では一定の収穫を得られたと言えそうだ。(取材・文:青木務)

----------

 構築段階の攻撃と、チーム全体で意思統一を図ってきた守備。今後突き詰めるべき課題と、ここまでの取り組みに対する成果がより鮮明に表れた。

 2月25日、J1開幕戦。ジュビロ磐田はセレッソ大阪のホームに乗り込み、0-0と全8試合で唯一のスコアレスドローを演じ、勝ち点1を持ち帰っている。オープニングゲームということもあってか、終始堅い展開となった。

 C大阪がもっと高い位置から仕掛けてくると磐田は分析していたが、ユン・ジョンファン監督率いるチームはブロックを作って対応する。「相手の両SBがなかなか上がってこなかった」と太田吉彰が振り返ったように、サイドを駆け抜けるスペースは埋められており、ダイナミックな攻撃は影を潜めた。

 磐田は中盤でボールを回しながら攻め手を窺うも、有効なボールが前線に入ったとは言いがたい。川又堅碁らの動き出しに合わせてパスが出る場面は少ない。一方で、出し手のタイミングで前線の選手が相手マークを外すような動きも乏しい。イメージの共有、すり合わせはまだ道半ばだ。

 そして、それは戦前からある程度予想されたことでもある。

 試合2日前に磐田は紅白戦を行ったが、C大阪戦でスタメンを張ることになる主力組はチャンスらしいチャンスを作れずにいた。後ろでボールは回ったものの、縦にボールが入らずアクションが全く生まれなかった。「相手を動かせている感覚がなかった」と宮崎智彦は話し、大井健太郎も「点を取るにはもっと大胆なことが必要かなと思う」と振り返った。

 果たして、ヤンマースタジアム長居でも同じような光景が広がった。これがサックスブルーの現在地であり、試合を重ねるごとにグレードアップが望まれるポイントだ。

最前線で孤立してしまった1トップ川又堅碁

 開幕戦に話を戻す。

 低い位置まで頻繁に降りてくる中村俊輔の動きに合わせて、ボランチが前に入ることも必要だったが、前半は川又を孤立させる結果となった。後半に入ると、名波浩監督の指示を受けた川辺駿が高い位置を取るようになったが、「もっと早く自分がやるべきだった」と反省を口にした。

 もっとも、“無風状態”が続いた前半にもゴールへ迫る機会はあった。41分、川辺がスルスルと前に出るとドリブルで持ち込み、PA内の川又にパス。フィニッシュには至らなかったが、1トップの下のスペースを活用し、相手ボランチの背後をうまく取ったことで川辺は持ち前の推進力を出した。

 C大阪が前から奪いに来なかったにもかかわらず、磐田はポゼッション時に中盤の底に3人が並ぶような時間帯があった。それによって川又との距離も開いてしまい、セカンドボールも回収できない。川辺と中村俊輔のポジションチェンジはさらに柔軟に行えるようにすべきだが、先述の41分のシーンや後半は、川辺の積極性がよく発揮されていた。ゴールを予感させるようなチャンスは皆無だが、敵陣深くに複数の選手が進入しようという意思は見られた。

『相手ゴール前でのスリリングな場面を多く作る』

 今シーズンのテーマのひとつだが、その点に関しては満足のできる内容ではない。だが、それは織り込み済みだろう。開幕戦から全てが上手くいくはずはない。川又は味方と呼吸が合ってこそ力を発揮するストライカーだが、試合後にはこう述べている。

「シュートまでのシーンは、キャンプから続けてきた中で一番少なかった。自分自身、ゴールに向いてのプレーがあまりなかった」

 彼が最前線で孤立してしまってはネットを揺らすことはできない。チームとしてもっとチャレンジする必要があるだろう。“チームで挙げる得点”をいかに増やすか。昨シーズン以上の結果を掴むためには避けて通れない課題である。

「中央の封鎖」と「外への迅速なスライド」

 攻撃のバリエーション増加は今後の選手たちの躍動、名波監督の手腕に期待するとして、守備面の成熟はポジティブに捉えられる。C大阪が前に人数をかけてこなかったのは事実だが、大きな破綻もなく過ごせたことは選手たちの自信になったはずだ。それでも、90分間『鉄壁』を誇ったとは言い難く、何度か危ないシーンがあった。

 前半終了間際、C大阪の杉本健勇が低いクロスに飛び込む。大井が足を伸ばして触れると、ボールはポストに直撃した。あわやオウンゴールだったが、相手ストライカーに最後まで食らいついた点を評価すべきだろう。仮にネットが揺れていたとしても、ディフェンスリーダーは責められない。

 崩されたかけたシーンとして磐田が最も肝を冷やしたのは、むしろ22分の場面だ。自陣左サイドから松田陸に斜めのパスを通されると、ここに杉本が走り込む。桜の背番号9がトラップミスしたため何も起こらなかったが、このようなシチュエーションを作られ、なおかつ失点していたとしたら、悔やんでも悔やみきれなかっただろう。

 大井と森下俊のCBコンビは、距離感を適切に保つことで互いを補完し合う。しかし、この時は2人が離れてしまい、その間を容赦なく突かれた。チームは『中央の封鎖』と『外への迅速なスライド』を約束事としている。鹿児島キャンプでも時間を割いたポイントだ。

 守備の隙を狙ってくる相手を前にした時、優先されるべきは中をしっかり閉じること。サイドに釣り出された森下に合わせて、空いたスペースを周囲が埋めなければならない。もしくは、ひとまずサイドを“捨て”、中央のディフェンスに専念する手もあったのではないか。

「100点ではないが守備だけ取ったら合格点」

 だがピンチを迎えた原因を、最終ラインの判断の遅れ、と一つに絞ることはできない。まず、ソウザから松田へのパスが簡単に出されている。川又がソウザにチェックへ行く中、アダイウトンはほとんど棒立ちで、少しずつポジションを上げていく松田への注意が疎かになっている。簡単にサイドにボールが渡ると、SBの宮崎が出て行かざるを得なくなった。すると今度は、水沼宏太を警戒した森下が外に出て行く。そして、大きく広がったCB間を相手ストライカーに付け込まれた。

『コンセプトをやりきる』という視点に立てば、ピッチ上の全選手が徹底しなければならない。小さく見える綻びも、バイタルエリアでは修繕困難になってしまう。反省すべきは個人というよりチーム全体だろう。

 とはいえ、磐田は無失点で試合を終えることができた。「自分と(森下)俊の間が少し広かった時は危ないシーンになりかけたけど、それほど大きなピンチもなくできた」と大井は手応えを口にする。名波浩監督は後半終盤、川辺に代えて藤田義明を投入し、手堅く試合を終わらせた。「100点ではないが守備だけ取ったら合格点」と指揮官は選手たちに一定の評価を与えた。

 ゴールを奪うためのコンビネーションが完成するまでは、自信を深めつつある守備での奮闘が求められる。得点力アップは大きなテーマで、名波監督がこの課題を放置しておくとは考えられない。自身のアイディアを選手たちに伝え、ピッチで表現できるよう鍛えていくだろう。

 そして、しぶとく勝ち点を積み上げるためには失点しないことも重要だ。昇格組と言えど、C大阪の陣容はJ1で上位進出の可能性を秘める。そうした相手と1ポイントを分け合えたのだから、上々の成果とすべきだろう。

 磐田の2017シーズンのスタートは、決して悪くない。

(取材・文:青木務)

text by 青木務