国連車両。スーダン・南ダルフール州ニャラで(2017年1月9日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は26日、今年に入ってからの約2か月間に南スーダンからスーダン流入した人の数が約3万2000人に上っていることを明らかにした。一部で発生している飢餓を背景に、今後さらに増える見通しだという。

 2011年に北部から分離独立した世界で最も若い国である南スーダンは、今月20日に一部地域の飢饉(ききん)を宣言。10万人が飢餓に直面しており、さらに数百万人が飢饉寸前の状態にあることを明らかにした。

 UNHCRは当初、スーダンに流入する南スーダン人の数を、2017年全体で最大6万人と予想していたが、「これまでのところ、当初の予想を上回るペースで流入している」という。

 UNHCRは、26日に発表した報告書の中で、「今年初めから現在までの間にスーダンに流入した避難民の数は、3万2000人近くと推定される」と述べ、南スーダン・ユニティー州(Unity State)の一部で飢饉が宣言されたことを考慮すると、「南スーダンにおける食糧安全保障状況はさらに悪化すると見込まれる」と指摘した。

 UNHCRによると、南スーダン難民は徒歩で5〜7日かけて国境を接するスーダンのホワイトナイル(White Nile)州などに到着しており、その90%は女性や子どもだという。

 UNHCRは、南スーダン難民の流入は今年いっぱい続くと見込んでいるが、対応するための資金が不足する事態についても懸念が生じている。

 UNHCRおよび関係機関は、約1億6665万ドル(約187億円)が必要と訴えているが、これまでに集まった金額はそのおよそ5%に過ぎないという。

 南スーダンでは、内戦によって人々が家を追われ、農業への打撃や物価の高騰が生じており、激戦地の一部では支援団体の手が行き届かない。そのため各団体は、殺りくがもたらした「人為的な」飢饉だと非難している。

 UNHCR は、2013年の内戦勃発以来33万人近い南スーダン人が、戦火や食料不足から逃れるためスーダンに流入したとしている。
【翻訳編集】AFPBB News