新体制での初陣は完封勝ち。白星スタートに選手たちも笑顔を見せた。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

[J2リーグ開幕戦]名古屋 2-0 岡山/2月26日/パロ瑞穂
 
 2-0で岡山を下し、白星スタートをきった“風間グランパス”は、初陣でどんなサッカーを見せたのか。率直な感想は、良くも悪くも掴みどころがないスタイルだということである。

【名古屋 2-0 岡山 PHOTO】永井が鮮烈2ゴール!
 
 スタートの並びは3-4-2-1。最後方には言わずと知れた守護神・楢粼を置き、最終ラインは左から内田、櫛引、宮原。ボランチは小林と八反田のコンビで、ウイングバックは左に和泉、右に杉森。2シャドーは玉田と佐藤で、1トップに永井が入った。
 
 ストッパーには本来SBやウイングバックを本職とする内田、両ウイングバックにはアタッカーの杉森と和泉を起用する、攻撃的な人選となった。
 
 ただ、試合が始まってしまえば、このシステムはあってないようなもの。開幕前には風間監督は「僕のやり方を理解してくれれば、選手はポジションでプレーしなくなります」と語っていたが、ピッチ上ではひっきりなしにポジション変更が行なわれ、その形はアメーバのように多様に変化していった。
 
 例えばストッパーの宮原がオーバーラップを仕掛ければ空いたスペースにボランチの小林が入り、リベロの櫛引も一緒に上がれば、もうひとりのボランチである八反田が下がる。ボランチのふたりで最終ラインを形成する時もあれば、シャドーの玉田、佐藤が低い位置に下りると、今度はウイングバックの和泉、杉森が最前線へと張り出す。本来は左サイドが持ち場の和泉が逆サイドいっぱいまで開き、杉森とパス交換するシーンもあった。
 
 これだけ目まぐるしく選手が入れ替われば、守備側としてはたまったものではないだろう。
 
 ただ冒頭で“悪くも”と言ったのは、ポジションが固定されていないため、決まった攻撃の形、パスルートがなく、各々の動きが噛み合わないと、なかなか縦にボールが入らないのだ。特に開幕戦独特の雰囲気で「硬くなっていた」(風間監督)前半は、自陣での横や後ろへのパスが目立ち、敵陣に有効なボールを運べたとは言い難かった。
 
 その攻撃に関するパス回しについては指揮官が「百戦錬磨の別格の選手」と評し、いち早く“風間スタイル”に順応した佐藤、玉田も指摘する。
 
「攻撃の回数と質をより求めたい。チャンスは作ったが、今日は満足のいく質ではなかった。そこを高めていきながら結果を残したい」(佐藤)
 「連動してというか、効果的なパス回しができなかった」(玉田)
 
 ふと思い出せば、昨季まで風間監督が指揮をした川崎で主軸として働いた中村はこんな話をしていたことがある。
 
「うちは決まったパターンがないので、アドリブでやっている部分が多い」
 
 要するに選手たちがイメージを共有しながら、その時々のシチュエーションに合わせてパスをつないでいくのが風間流ということだ。それは崩しに関わる人数が増えれば増えるほど難易度が増す。どこかで少しでもズレが生じれば、即座に機能不全に陥るからだ。だからこそ風間監督のサッカーは“難しい”と選手たちは口を揃える。
 
 局面で瞬時に同じ絵を描けるようになるためには、何度も感覚を擦り合わせていくしかない。それは時間のかかる作業だ。実際に岡山戦のゴールも櫛引のパスカットから永井が素晴らしいボレーを決めた1点目、和泉のカットインからラストパスを受けた永井が冷静に決めた2点目と、パスワークで崩したものではなかった。
 
 もっとも、風間監督が掲げる“観客を魅了するサッカー”が理想形に近づけば、どんな守備網も打ち破る最強の矛となるのは確かだ。その歩みには大いなる期待を抱いてしまう。少なくとも開幕戦の名古屋の戦いを見て、今年のJ2は面白くなると確信が持てた。
 
 今後は他クラブからの執拗なマークに苦しむかもしれない。それでも、信念を貫いた先にどんな結末が待ち受けているのか、興味深く見守りたい。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)