断層にときめく。フルーツや野菜を重ねた「ガトー・インビジブル」

写真拡大 (全2枚)

ボリュームのある料理の断面を楽しむハッシュタグ「#萌え断」。「おにぎらず」や「沼サンド」に続きブームの兆しが見られるのは、フランスから上陸したおしゃれなニューフェイスです。
美しい断層と豊富なアレンジ
それは、フランス語で「見えないケーキ」の意味をもつ「ガトー・インビジブル」。たっぷりのフルーツや野菜のスライスと、ほんの少しの生地を重ねて焼く美しい断層ケーキのことで、このほどレシピ集も発売されました。
若山曜子『ガトー・インビジブル』(オレンジページ)/ 1,512円(税込)
焼いている間に、生地が具材と一体化して「見えなくなる」ことから「インビジブル」の呼び名がつき、フランスで大流行したのだとか。薄切りの素材を重ねるというシンプルな手法で作るガトー・インビジブル。リンゴやジャガイモをはじめ、さまざまなフルーツや野菜と生地の組み合わせで、驚くほどバリエーションが広がります。
インスタグラムでも多くの断層がアップされており、その人気ぶりがうかがえます。

*yumiko*さん(@you__san__)がシェアした投稿 - 2017 2月 18 11:04午後 PST

リンゴのインビジブルをベースにブルーベリーを挟んで彩りあざやか。

何様。俺様。さん(@nanisama.oresama)がシェアした投稿 - 2017 2月 19 8:35午後 PST

バニラ&リンゴ、チョコ&バナナの贅沢な2段。

aiko.sさん(@a.do_po)がシェアした投稿 - 2017 2月 22 10:53午後 PST

市販のオールブランフレークとコラボ。朝食におすすめ。

Mika nogamiさん(@mika.nogami)がシェアした投稿 - 2017 2月 22 4:54午前 PST

ジャガイモとチーズのインビジブル。肉料理の付け合わせにも最適。

kumiokuさん(@kumioku)がシェアした投稿 - 2017 2月 21 6:49午後 PST

春野菜たっぷり。まるでフレンチの前菜、テリーヌのよう。
美しい見た目とは裏腹に、難しいテクニックがいらないのがうれしい。具材によってスイーツにも食事にもなります。プレゼントや持ち寄りパーティーの際にもほめられそうなので、レシピをチェックしておきたいです。
[ガトー・インビジブル]