【パンクスプリング2017】出演、オフスプリングのビルボードチャート・ヒストリーをプレイバック

写真拡大

 2017年3月25日に神戸ワールド記念ホール、26日に幕張メッセにて【パンクスプリング2017】が開催される。

 日本国内最大級のパンク・ロック・フェスとして長年にわたりパンク・キッズ、あるいは元キッズの大人たちを熱狂させてきた春の風物詩は残念ながら今年で最終回。約1か月後に迫った同フェスの強力ラインナップのなかから、今回はオフスプリングの全米ビルボードチャート・ヒストリーを紹介したい。

 「プリティ・フライ」「オール・アイ・ウォント」「ヒット! ザット」など数多くのヒット曲を持ち、もはやパンクという域を超え90年代にもっとも世界的成功を収めたロック・バンドのひとつといっても過言ではない、オフスプリング。出世作となったアルバム『スマッシュ』(1994年)は当時インディーズ史上最高のセールスを記録し、全米ビルボード4位をマーク。ちなみに、このときチャートで同時に上位を争っていたのが『スマッシュ』の約2か月前にリリースされた、グリーン・デイのメジャーデビュー作『ドゥーキー』だ。この2組がほぼ同時にブレイクを果たしたことで、90年代パンク・ロックは全盛期を迎えることになった。以降『イクスネイ・オン・ジ・オンブレ』(1997年)が全米9位、『アメリカーナ』(1998年)がバンド史上最高位の2位、続く『コンスピラシー・オヴ・ワン』(2000年)が全米9位と立て続けにヒットアルバムを連発し、これまでに全世界累計4000万枚以上のセールスを記録している。

 一方、シングル総合チャート【Hot100】においては多くのパンク・ロック勢同様、オフスプリングも苦戦を強いられがちだった。セールスがアルバム主体であること、【Hot100】はラジオでのオンエア回数=エアプレイが大きく反映されるため、ジャンル的にオンエアされるラジオ局が限定されているなどの理由から、パンク・ロック勢はどうしても上位にチャートインしにくい傾向にある。この傾向はハードロック/ヘヴィ・メタル勢も同様。実はオフスプリングのヒット曲のなかで、もっともキャッチーかつ日本ではメジャーであろう「プリティ・フライ」ですら、残念ながらHot100においては53位止まりだ。しかし、イギリスを筆頭にオランダ、スイス、ベルギー、オーストラリアなど世界各国のシングルチャートでは首位を獲得、日本でも洋楽ファンなら誰もが知るヒット・ナンバーとなっており、90年代テイストたっぷりの“おバカ”なミュージックビデオがいまだに印象に残っているという人も多いだろう。同曲のMVは映画『チャーリーズ・エンジェル』シリーズの監督として知られるマックGが手がけている。

 近年はメジャーシーンからやや遠ざかってはいるものの、2016年には春〜夏にかけて全米&欧州ツアーを敢行しており、疾走感あふれるパフォーマンスは健在。今回の来日ではオフスプリングは【パンクスプリング2017】出演のほか、3月23日には名古屋での単独公演をおこなう予定となっている。Text:A.Tada 

◎The Offspring - All I Want
https://youtu.be/us8OhI-OTHg

◎公演情報
【パンクスプリング2017】
2017年3月25日(土) 神戸ワールド記念ホール
OPEN 10:30 / START 11:30
チケット:
全自由 10,800円 / 指定席 13,100円 / 全自由 Tシャツ付き 14,000円 / 指定席 Tシャツ付 16,300円
(各税込/1ドリンク代別途500円)

2017年3月26日(日) 幕張メッセ国際展示場9〜11ホール
OPEN 10:30 / START 11:30
チケット:
10,800円 / Tシャツ付き 14,000円
(各税込/オール・スタンディング/1ドリンク代別途500円)

【パンクスプリングEXTRA ザ・オフスプリング】
2017年3月23日(木)ZEPP NAGOYA
チケット:
1Fスタンディング 7,500円(税込/1Drink別)
2F指定 7,500円(税込/1Drink別)