彼氏はそれなりにできるものの、なかなか結婚まではたどり着くことができないという女性。

理由は様々なケースがあるでしょうが、もしかしたら自分にも何かしらの原因があるのかもしれません。

そこで今回は、なかなか「結婚にたどり着けない」女性の特徴を紹介します。

 

■とにかく「だらしなさすぎる」

恋愛と違い、結婚は生活もともにするものです。同じ家でずっと一緒に過ごすことになるので、雑でだらしなさが目立つ女性は、特に敬遠されてしまいやすいです。男性が妻として考えにくい女性なのです。

部屋がいつも散らかっていたり、バッグの中がぐちゃぐちゃだったり、整理整頓ができそうにない女性とは、結婚したら大変なことになりそうなイメージしか湧きません。一緒に生活したいと思えない女性とは、男性は結婚なんて考えられませんよ。

 

■「結婚したい気持ち」が強すぎる

「結婚したい」という思いがあまりにも強すぎる女性に対しては、男性はどうしても引いてしまいます。結婚したくないわけではないでしょうが、一方的に思いを先走しられてしまうと、「ちょっと待ってくれよ」と思わずにはいられません。

付き合ってまだ日が浅いのにいきなり親に会わせようとしたり、結婚を意識させるような発言ばかりしてしまったりすると、それが原因で逃げられてしまう可能性もあります。お互いに気持ちを確かめながら盛り上げていくようにしないと、暴走にしか男性には見えないでしょう。

 

■「この人でいいのかな?」と思ってしまう

彼氏ができても、「この人と結婚しちゃっていいのかな?」という疑問をいつも持ってしまうと、なかなか踏ん切りもつけられません。「もっといい人がいるかも」なんて思い始めたら、キリがない部分もあるでしょう。

妥協をする必要はないですが、ここがダメ、あそこがダメと彼氏の欠点ばかりを探し出したら、いつまで経ってもゴールインなどできません。理想があまりにも高すぎてしまうと、引くに引けなくなってしまうこともあるので、一度冷静になって考えてみることも重要ですよ。

 

■いつも「尽くしすぎてしまう」

尽くしてくれる女性は、男性にとっては理想の女性像でもあります。でも、何から何までやってあげてしまうような、尽くしすぎてしまう女性はだんだん鬱陶しく感じられてしまい、彼女というより母親のような存在になってしまいます。

そうなると、男性は“女”を感じられなくなってしまうため、他の女性に目が向いてしまったりもするのです。好きだからといって、あまりにも世話を焼きすぎてしまうと、男と女ではなくなってしまい、結婚までもたどり着けないまま終わりを迎えてしまいかねませんよ。

 

なかなか結婚までたどり着けないまま終わってしまうことが多い場合は、今回紹介したポイントを一度チェックしてみてください。思い当たるものがある場合は、まずはそこを改善してみると、状況も変わってくるかもしれませんよ。

【画像】

※ morrowlight/shutterstock

【関連記事】

※ この子と結婚はムリ…「彼女止まり」になってしまう女性の特徴4つ

※ 本当に大丈夫?彼との「結婚の相性」をジャッジするチェックポイント

※ 焦るほど逆効果!? 結婚できる女・できない女の決定的な違い

※ ちゃんと見極めて!幸せな結婚生活に不可欠な「男の資質」4カ条

※ いい奥さんになりそう!彼氏にさりげなく「結婚を意識させる」テク

※ 付き合うのはいいけど…「結婚はムリ」と思われる女子の特徴3つ