※写真はイメージ

写真拡大

車で外出すると、気になるのが駐車場の混み具合。

特に、休日にショッピングモールやアミューズメントパークなど多くの人が集まるところに行くと、「駐車場は空いているかな」と考えてしまいます。

しかし、どんなに駐車場が混み合っている時でも、障がいを持っていない人が絶対に停めてはいけないスペースがあります。

それは、障がい者専用の駐車スペースです。

多くの良識ある、障がいを持たない人は、例えどんなに駐車場が混み合っていても、絶対に「障がい者専用の駐車スペース」に車を停めるようなことはしません。

「障がい者ではない人が、障がい者専用の駐車スペースに車を停めていた」といった愚行が目撃され、問題になることもありますが、そんなことをするのは非常識な一部の人たちだけでしょう。

しかし、「障がい者専用の駐車スペース」の隣に車を停める際、はみ出して駐車をしてしまうことはありませんか?

意図的にではなく、駐車時にちょっと失敗してしまい、「これぐらいならまあいいか」と車を離れてしまった…あなたが買い物をしている間に、こんなことが起こっていたとしたら、どう感じるでしょうか?

障がい者スペースにはみ出しての駐車は厳禁!

「まあいいか」が障がい者を困らせる

海外の掲示板Redditに投稿された1枚の写真。

これを見れば、なぜ障がい者スペースにはみ出して、駐車をしてはいけないのかが一発で分かります。

ぜひ、ご覧ください。

車いすが降りられない!!!

隣の車に、悪気はないかもしれません。

それでも、「ちょっとのはみ出し」が、車いすにとっては大きな問題になるのです。

「もし、自分が停めた車によって、車いすを使う人が迷惑をしているとしたら?」

そんなことを望んている人は誰もいないはず。

自分の身の回りでも起こり得る、駐車する際のほんの少しの心遣い。急いでいたり、混雑している時にこそ、心に留めておきたいことなのではないでしょうか。

[文・構成/grape編集部]