写真提供:マイナビニュース

写真拡大

インフォアジャパンは2月24日、自動車業界向けのSaaS型クラウドERP「Infor CloudSuite Automotive」の最新版を日本市場で提供開始したことを発表した。

最新版では、自動車メーカーやサプライヤーにとって重要な、繰り返し生産やスケジュールベースの生産プロセスに対応している。これにより、現場の作業計画や操業から、セル生産方式での作業や修繕まで、生産担当者は日常の業務をより広範囲まで管理できるようになる。

また、アナリティクス機能の強化として、既存の機能をベースに、新たに40の主要業績評価指標(KPI)と、10の品質統計的工程管理機能が追加された。

そのほか、ログイン時に業務に必要な情報を表示するワークベンチを、あらかじめ自動車業界に特化した役割やビジネスプロセスが設定されるよう改善されている。

ダッシュボードで表示されるKPIも、新たに自動車業界に最適化された。

(辻)