写真提供:マイナビニュース

写真拡大

サイバーエージェントのアドテクノロジー商品開発を担当するアドテクスタジオと、アイリッジは2月24日、位置情報を活用した行動分析と、それに伴う広告配信分野で機能連携を開始したと発表した。

アドテクスタジオが提供する行動分析ターゲティングツール「AIR TRACK」とアイリッジが提供する位置情報連動型プッシュ通知ASP「popinfo」を連携させ、ユーザーの位置や行動履歴に基づいた最適な広告配信ちプッシュ配信を実現する。

「AIR TRACK」は、オプトインユーザーを対象に広告主の広告に興味を持つ可能性の高いターゲット属性を導き出し、特定のエリアに訪れたユーザーに対し、ターゲティング広告を配信するサービス。企業は、あらかじめ指定したエリアに来たユーザーに対しリーチできるほか、ユーザーの来店頻度など状況に応じて最適な広告配信を行うことが可能だ。

一方「popinfo」は、スマートフォンの待受画面に、伝えたい情報をポップアップで配信できるサービスで、スマートフォンアプリに組み込むだけで、ユーザーの位置情報、属性、時間に応じた情報配信が可能となる。

今回の連携により、さらに精度の高い位置情報(来店情報)を基にしたプッシュ通知や広告配信を実現。行動情報の分析から見込みのある新規ユーザーを検出することで広告効果の向上が期待できるほか、一定期間以上来店をしていない休眠ユーザーへの広告配信により、店舗利用の再開促進に効果を発揮する。

また、企業の購買データと連携することで、新規ユーザーの獲得から来店・購買まで、包括的な計測・分析もできるため、より高度なマーケティングの実現が可能だ。

(小松原綾)