MF清武弘嗣とMF中村俊輔。新旧・日本代表の司令塔対決が注目されたセレッソ大阪とジュビロ磐田の今季J1リーグ開幕戦は、その期待度の高さとは裏腹に、見どころの少ない凡戦に終わった。


セレッソの自由奔放な攻撃を象徴していたのが柿谷曜一朗だ 清武は負傷のためピッチに立てず、一方の中村は90分間フル出場。見慣れないサックスブルーを身にまとった10番は、セットプレーでは一流のキックを披露したものの、見せ場はその程度。C大阪の対応に手こずり、持ち前の攻撃性は示せなかった。

 両チームともにチャンスは少なく、スコアレスドローで終了。詰めかけた3万人超の観衆も、消化不良のまま帰路に就いたことだろう。

「司令塔対決」が実現しないなか、目についたのはC大阪の変化だ。圧倒的な戦力を擁してJ1昇格を成し遂げた昨季も、結果的には自動昇格ではなく、昇格プレーオフを勝ち抜いてのもの。苦戦の要因はあっさりと失点を許してしまう守備にあり、途中から3バックに変更してなんとか帳尻を合わせたものの、シーズンを通して守備の不安はつきまとっていた。

 今季就任した尹晶煥(ユン・ジョンファン)監督は、かつてサガン鳥栖を率いた時代、ハードワークをベースとした守備重視のサッカーで鳥栖をJ1昇格・定着に導いた実績を持つ。そんな指揮官に率いられたチームは、この開幕戦で明らかに生まれ変わった姿を示していた。

 磐田にチャンスらしいチャンスを作らせず、被決定機はわずかにひとつのみ。とりわけ際立っていたのは2ボランチと2センターバック(CB)の関係性で、中央を空けない守備が磐田の攻撃を機能不全に陥れていた。

 2ボランチの一角を担う日本代表のMF山口蛍は「ボールの取りどころが明確になってきた。ひとりで行くのではなくて、誰かが動けば後ろが連動するということを、今はかなりやれていると思います」と手応えを口にする。課題のカウンター対策も「むやみに取りに行くんじゃなくて、まずはしっかりと全員が引いてブロックを作ることをやれているから、(カウンターで)そうそうやられることはないんじゃないかな」と自信を見せた。

 新加入選手の存在も大きい。Kリーグで2年連続ベストイレブンに輝いたクロアチア出身のCBマテイ・ヨニッチは高さと強さを遺憾なく発揮し、磐田の1トップ川又堅碁に仕事をさせなかった。同じく強靭なフィジカルを誇る山下達也とのCBコンビは、最後まで高い強度を保っていた。

 ただ、守備の安定感を手にした一方で、C大阪らしさが薄れていたのも事実。FW柿谷曜一朗をはじめ優れたタレントを揃えるなか、有機的な攻撃をなかなか打ち出すことはできなかった。

 山口も攻撃に関する話では、顔を曇らせる。

「守備でブロックを作っているぶん、FWとの距離は遠くなってしまう。前に入ったときにサポートに行けと言われても、きつい部分はあります。でも、そこは全体的にコンパクトにして、2トップに近い距離感を取っていかなければいけない」

 とりわけ窮屈そうに見えたのは、この日2トップでプレーした柿谷だ。この”ジーニアス(天才)”が輝きを放った2013シーズンは、1トップの位置に入り、裏に抜け出す形からゴールを量産した。ところが今季は、バイタルエリアで後ろ向きにボールを引き出すセカンドトップの役割が求められるため、背後からのチャージにつぶされる場面が目立った。試合終盤に左サイドMFに移ってからシュートチャンスが増加したように、相手のコンタクトを受けづらい位置でプレーするのが彼にとっては得策だろう。

 試合後にユン・ジョンファン監督は「守備は安定していたが、攻撃の精密さは少し足りていないところもあった。そこは修正したいと思います」と、成果と課題を口にした。

 守備の組織性が高まったぶん、本来備えていた自由奔放な攻撃性が失われた感は否めない。そのジレンマの解消が、C大阪のクラブカラーをよく知るOBの尹晶煥監督に課せられたテーマとなるだろう。

 もっとも、この日は清武が不在だった事実も忘れてはならない。アタッキングサードで違いを生み出せる清武の存在が、C大阪の攻撃を飛躍的に高めることは十分に考えられる。相乗効果として柿谷が輝きを増す可能性もあるだろうし、攻撃の時間が長くなれば、守備の負担も軽減される。そうなれば、指揮官のミッションもずいぶんと楽になるだろう。清武が不在だったぶん、発展性が大きく残されていると感じられた、そんなC大阪の開幕戦だった。

 一方で磐田からは、ポジティブな要素をほとんど感じ取れなかった。守備の安定性はあったものの、終盤にいくつかピンチを招いたように、課題も同時に浮き彫りとなっていた。攻撃面では中村のプレースキックこそ大きな武器となりそうだが、流れのなかではいい形を作れず、とりわけ後半は最前線の川又を走らせる形がほとんどで、機能性を欠いていた。

「キャンプから続けてきたなかで、今までは前向きでゴールに向かって行けるチャンスはたくさんありましたけど、今日はそういうプレーができなかった」と、川又も厳しい表情で試合を振り返っていた。

 もちろん、C大阪の守備を称えるべきだが、それを上回るような”匂い”を示せなかったのは、少々問題だろう。まだ1試合を終えたに過ぎないが、こちらはすでに中村がピッチに立っているぶん、マンパワーによる上積みは望めない。厳しいシーズンを予感させる、そんな磐田の開幕戦だった。

■Jリーグ 記事一覧>>