25人の子どもを持つ専業主婦役 (C)Universal Studios.

写真拡大

 マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、セス・マクファーレン、スカーレット・ヨハンソン、ジョン・C・ライリー、タロン・エガートンら豪華俳優陣がボイスキャストとして名を連ねた長編アニメ「SING シング」の特別映像が、公開された。オスカー女優のウィザースプーン扮するブタの主婦ロジータにフォーカスを当てている。

 「ミニオンズ」のユニバーサル・スタジオとイルミネーション・エンタテインメントが組み、個性豊かな動物たちが、60曲以上ものヒット曲を歌い上げるさまを描く。経営難で閉鎖寸前の劇場支配人のコアラ、バスター(マコノヒー)が、最後の大ばくちとして大規模な歌のオーディションを開催。歌自慢の動物たちを選抜し、ライブに向けてまい進する。

 オスカーに輝いた「ウォーク・ザ・ライン 君につづく道」でも見事な歌声を響かせているウィザースプーンは、本作で25人の子どもを持つ専業主婦役に挑戦。ケイティ・ペリーの「ファイヤーワーク」を伸びやかに歌唱している。アフレコ時には、声だけでなく表情から子育てに疲れきったロジータになりきるなど、さすがの演技力を披露。オーディションに受かったことでロジータは自分に自信を持ち、輝きを放っていくが「私も人生において何度も怖いと感じたことがあるわ。でも、とにかくやらないとならないときや、トライするだけの勇気が必要なときもあるの。私は他の人からジャッジされることを恐れず、楽しそうに踊る人を見るのが大好き。そこにはものすごく美しい何かがあるわ」と共感と愛着を語っている。

 本作のほか、「ペット」や「怪盗グルー」シリーズをプロデュースしてきたクリス・メレダンドリは「リース(・ウィザースプーン)は素晴らしい女優であり、人道主義者であるだけでなく、ロジータを生き生きさせる内なる強さを秘めている。驚くほどに複雑なキャラクターに、リースが与える強い意思と母性本能が相まって、見ている者はロジータに釘付けになり、1歩1歩を思わず応援したくなってしまうんだ!」と存在感を絶賛している。

 「SING シング」は、3月17日から全国公開。