写真提供:マイナビニュース

写真拡大

韓国Samsung Electronicsは2月26日(スペイン時間)、Androidタブレットの新製品「Galaxy Tab S3」を発表した。9.7インチのSuper AMOLEDディスプレイを搭載、S Pen(Sペン)による操作や手書きに対応する。従来のタブレットの使われ方であるコンテンツ消費に加えて、プロダクティビティ面を強化した。

エンターテインメント面の強化は、9.7インチのSuper AMOLED QXGA (2048x1536)ディスプレイがHDR (High Dynamic Range)ビデオ・コンテンツをサポートする。6,000mAhのバッテリーを内蔵し、最大12時間のビデオ再生が可能だ。オーディオはSamsung傘下となったHarmanのAKGがチューンを担当している。横向き/縦向きのどちらでも常に最高のステレオになるようにチューニングが変化する4つのスピーカーで、迫力のあるステレオサウンドを実現している。

プロダクティビティ面では、Pogoコネクタという端子を通じて「Pogo Keyboard Cover」というカバー型のキーボードを接続できる。最新のSペンでは、ペン先のチップが0.9ミリから0.7ミリに細くなり、また感度が向上しており、より自然な筆記感を味わえるという。

・ディスプレイ:9.7インチ Super AMOLED QXGA (2048x1536)
・プロセッサ:Snapdragon 820 (クアッドコア2.15GHz + 1.6GHz)
・メモリ:4GB
・ストレージ:32GB (microSDスロットで最大256GBの拡張が可能)
・カメラ:13メガピクセル(背面)、5メガピクセル(前面)
・ワイヤレス:Wi-Fi (802.11 a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.2
・LTEサポート:LTE Cat.6 (300Mbps)
・ポート:USB 3.1 (Type-C)
・バッテリー:6,000mAh、Fast Charging対応
・サイズ:237.3 x 169.0 x 6.0mm
・重量:429g(Wi-Fi) / 434g(LTE)
・OS:Android 7.0

(Yoichi Yamashita)