交代枠の使用は指揮官の腕の見せどころ。開幕戦は石原のゴールで用意していたプランを変更した。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

[J1リーグ開幕戦]仙台1-0札幌/2月25日(土)/ユアスタ

 2017シーズンの開幕戦、札幌を相手に1-0で勝利できた。そのゲームの最終盤、実は最後の交代枠で考えていたのはマス(増嶋竜也)ではなく(平山)相太だった。崩してゴールを奪えればいいけど、この試合の状況ではそれも難しい。
 
 交代用紙を渡して、ピッチサイドで相太の出場準備はできていたし、ロスタイムを含めて残り10数分の段階で「アバウトでもいいからクロス勝負で」というプランがあった。
 
 右ウイングバックに途中から入ったハチ(蜂須賀孝治)、左ウイングバックで先発していた永戸(勝也)はクロス精度も高く、目印があったほうがいいとも考えていた。それに、まだコンディションは完璧でないと言っても、相太の高さと得点感覚は相手にとって脅威になる。

 ただ、84分に均衡を破ったことでそれも白紙になってしまった。アウト・オブ・プレーになって「交代しますか?」と聞かれて「いや、待ってくれ」と。相太には「ごめん」と言って戻ってもらった。彼はもちろん悔しかったと思う。それでも嫌な顔をせず、グッと我慢してくれた。本当に申し訳ないと思っている。

 ゴールを奪った段階で、頭の中には「守備固めになる」「ロスタイムは時間を使う」という判断が浮かんだ。相手がパワープレーにくればマスを、そうじゃなければシャドーの位置に(藤村)慶太を投入して、ひとつ前で蓋をしようと。

 結局、相手の動きを見てマスをピッチに送った。アップでいい準備をしているのは見えていたし、入ってからの働きも素晴らしかった。声を張り上げて、ラインをしっかりと上げて、保って……。果たした役割は間違いなく大きかった。
 
 3人目の交代として相太が呼ばれた時点で、他の選手は出番がなくなるわけだから、アップをやめる。でも、相太が戻ってきたから、マスはアップをやり直した。「今日はない」とベンチに戻ってきて、もしかしたら気持ちをリセットしていたかもしれない。
 
 それでも、もう一回スイッチを入れ直してくれた。紅白戦で5バックはシミュレーションしてきたから、彼には「5枚で守るぞ。締めてきてくれ」と伝えただけ。しっかりと与えられた仕事をこなしてきてくれたんだ。
 今から出ようとしていた選手を引っ込める、ロスタイム寸前に「頼むぞ」と送り出す。相太にしてもマスにしても、あんなに経験値の高い選手に対して失礼な扱いだったのかもしれない。
 
 相太とは試合が終わった後に握手して、「本当に悪かったな」と話してハグした。試合後はダウンを行ない、ストレッチをする。その時に自分がひと言、ふた言ほど話をして、キャプテンの富田に振って、最後は全員で手拍子を打って終わるのが恒例になっている。
 
 でも今日は、その役目をマスにやってもらった。「開幕戦で勝ちゲームをしっかりと締めてくれたマスがここも最後に締めてくれ」と言って。
 
 ふたりは同級生で仲も良いし、相太が出られなかった代わりにマスが出場して、勝利に貢献してくれた。これも何かの縁かなと今は思う。そこまで考えて采配を振るってはいないんだけど(笑)。
 
 それにしても、ふたりのフォア・ザ・チームの精神とプロフェッショナルな姿勢には本当に頭が下がった。そういう意味でも、また新しいベガルタを見せられた気がしている。

※現役指揮官である渡邉監督の特別コラムは不定期で更新される予定です。次回をお楽しみに!