J開幕戦でDAZNに視聴トラブル【写真:編集部】

写真拡大

 Jリーグは26日、公式サイト上で同日開催されたJ1、J2の一部試合で「DAZN(ダ・ゾーン)」での視聴ができない状態となったことを謝罪した。原因は「究明中」で、現時点での対応については「Jリーグ公式YouTubeチャンネルにてフルマッチの試合映像をご視聴いただけます」としている。

 2017シーズンからDAZNが全試合をライブ中継することになったJリーグ。ライブストリーミングサービスという新しい形でサッカーを観戦する人が多いはずの開幕節では、トラブルが相次いだ。

 25日からいくつかの試合でスムーズな視聴ができないという声が出ていたが、26日にトラブルは拡大。ガンバ大阪対ヴァンフォーレ甲府の一戦が試合開始時間になっても視聴できない問題が発生した。ほとんど試合を視聴することができなかったユーザーが大勢いたようで、ツイッターなどのSNSで不満の声が噴出している。

 この事態を受けて、Jリーグは公式サイトで謝罪し、通常は行わない公式YouTubeチャンネルでのフルマッチ視聴という形で対応した。

 Jリーグによると、「Jリーグで制作し、DAZN側に引き渡した中継映像データには問題はなく、映像信号を受け取り配信するDAZN側でのトラブルの可能性がありますが、現在原因を究明中です」とのこと。「DAZNからは27日に詳細のリリースが配信される予定です」としている。

 今回のトラブルを受けて、DAZNに対する懐疑的な見方は強くなっている様子。Jリーグ開幕を待ちわびていたファンは、一刻も早い解決を望んでいる。

text by 編集部