メソアメリカでも、こんな景色が見られそう ©Disney(撮影/YOSHI)

写真拡大

東京ディズニーリゾートには、沢山の珍しい植物があります。

【写真15枚】TDS植栽めぐりフォトギャラリー

植栽豊かなパークは、さながら植物園のようですね。

パークの植物から、ガーデニングにぴったりの、植物を探すのも、面白そうですよ。

ミッキーのガーデニング用品(ウレぴあ総研ディズニー特集「新生活もディズニーに囲まれてワクワク! 実用生活雑貨DISNEY EXPO厳選5アイテム」参照)も発売されていますし、渡りに船です。

たまには、のんびりパークを散策して、いつもと違った楽しみを、みつけてみませんか?

今回は、15周年グランドフィナーレ(2017年3月17日まで開催中)で賑わう、東京ディズニーシーの植栽から、紹介します。

個性派クロホウシ

ガーデニング初心者にもおススメ

マーメイドラグーンに行くと、カラフルなトリトンズ・キングダムが目を引きますね。

開園15周年の東京ディズニーシーでは、デイジーのクリスタルポイントも、華やぎを添えています。

そして、フランダーのフライングフィッシュコースター脇に植えられた、黒々とした葉が個性的なクロホウシも、色彩では負けていません。

園芸店では、エオニウム、サンシモンなどの名前でも、扱われていますね。

パークでは、管理が行き届いているため、立派な花を咲かせますが、観葉植物として、充分に楽しませてくれること、請け合いです!

クロホウシは、葉に水分を溜める、多肉植物です。

おかげで、水不足にも強いんですよ。

もちろん、鉢植えでも、地植えでも、オーケーです。

仕事や出張・旅行で、放っておくことが多い方にも、ズボラさんにも、楽に育てることができます。

まさに、初心者向きの植物ですね!

その代わり、長期のお出かけ前には、たっぷり、水をやっておきましょう。

葉の色もお好み次第

クロホウシの葉は、強い日光に当たることによって、黒紫色が濃くなります。

反対に、日陰や室内では、緑色を保ちます。

したがって、好みで置き場所も選べるのです。

ただし、筆者の経験では、花を見るためには、強い日照が必要のようです。

また、室内で楽しむ場合、真夏の窓辺は避けましょう。

かなりの高温になり、一日でドライ・プラントになってしまいます。

そして、家にいるときは、なるべく外の空気に、触れさせましょう。

元気になりますよ。

どんどん増えちゃう?

パークのクロホウシは、樹木のように、枝分かれしていますが、枝に見える部分は、子株です。

このまま、どんどん幹を伸ばしても面白いものです。

また、子株をかき取って、土に挿せば、根がつきます。

可愛いプランターに挿して、プレゼントにすることもできますね。

大きくなったら困る場合は、好きなところで、幹をカットできますよ。

カッターナイフで、簡単に切れます。

でも、刃は清潔なものを使いましょう。

さびていたりすると、病気の元ですからね。

カットした後の下部は、植えたままにしておけば、子株を沢山つけます。

上部は、そのまま土に挿します。

なるべく深く挿し、葉が邪魔になったら、取り除いて大丈夫です。

元々、葉を落としながら成長するので、葉をそっと引っ張れば、簡単に取れます。

高さ調整ができるので、花壇に植えた場合は、前にも後ろにも、置くことができますね。

習うより慣れろ

いかがですか?

やってみよう、という方は、気楽に育ててくださいね。

初めての方は、肥料のことは、忘れましょう。

肥料は、植物に慣れてからで、充分ですよ。

もう一点。

クロホウシに限らず、水のやり過ぎは、植物のストレスになります。

水浸しでは、根が空気を取り込めず、根腐れを引き起こすからです。

クロホウシは特に、土が乾く、時間が欲しいので、ズボラさん向き、とも言えるのです。

植物も、過保護は歓迎してくれませんね。

意外と丈夫なシンビジウム

冬場の華添え

冬場のロストリバーデルタに行くと、茂みに、たくさんのシンビジウムの株が、植えられています。

ミニーのグリーティング・トレイル脇にも、ありますよ。

ランの仲間は、育てるのが難しい、と思っていませんか?

でも、考えてみてください。

ロストリバーデルタでは、シンビジウムが冬場に、地植えで咲いているんですよ!

気難しい植物なら、すぐに枯れてしまいます。

確かに、よく管理され、耐寒性のある品種を、風の吹きさらしにならず、霜が降りない、木陰や茂みに植えてはいますが、屋外で咲いているのです。

華やかな姿に、強健さも、兼ね備えていることが、証明されています。

一般的には、夏場は屋外でたっぷり水やり、冬場は屋内で乾かし気味、が原則です。

初めて、ランを育てるときなどは、原則に従った方が、無難です。

花も咲きますし、ガーデニング中級の、チャレンジとしては、手ごたえがありそうですよ。

花もち抜群

シンビジウムの花期は、驚異的に長く、状態がよいと、開花が始まって、2ヵ月ほどもちます。

その代わり、花は株から大分、栄養を摂ります。

来シーズンの花のために、株を疲れさせないよう、満開後、数日楽しんだら、切り花にしましょう。

その後、月に一回、固形肥料をやり、株の両脇に出てくる新芽の一方をかき取ります。

肥料は、シンビジウム用がありますが、バラ用でも大丈夫です。

ゴールデンウイーク頃から、屋外の半日蔭に置きます。

反日蔭がなければ、遮光ネットをかけましょう。

肥料は、盛夏のみ、止めます。

暑さで、夏バテしている株は、肥料を、吸収する体力がないため、根を傷めます。

代わりに、涼しい時間帯に、たっぷり水をやります。

夕方、水浴びのようにして、水をやると、鉢の温度を、下げる効果があります。

人間と同じで、シンビジウムも、ほっとするはずです。

ガーデニングの極意?

シンビジウムのひと株に、花を咲かせることは、さほど難しいことではありません。

しかし、ロストリバーデルタに、群生するシンビジウムを、よく見てくださいね。

花が揃って、咲いていますね。

長年、シンビジウムを育てていると、花期が、春先にずれ込む、傾向があります。

冬場の園芸店に、花つきのシンビジウムが並ぶのは、出荷用の、特別な育て方を、しているからです。

ロストリバーデルタでは、花が少なくなる時期に、一斉に咲くように、植栽キャストが、注意深く、世話をしてきた証しなのです。

まさに超上級の、ホスピタリティとテクニックだと言えます。

ロストリバーデルタに行ったら、是非、見事な群生シンビジウムも、楽しんでくださいね。

ガーデニングの鑑(かがみ)です。

夏の避暑はプラタナスで?

ショー鑑賞の強い味方

夏のショーでは、メディテレーニアンハーバーにある、バケーション・パッケージ席後方の、傘のような形のプラタナスが、強い味方ですね。

街路樹にも、よく使われ、明るい抹茶色と灰白色の、まだら模様の幹が目印です。

15周年のクリスタル・ウィッシュ・ジャーニーを、夏場にプラタナスの木陰で、観賞した方も、多いのではないでしょうか。

樹形は、枝を横に広げる傾向があるものの、メディテレーニアンハーバーのプラタナスは、剪定(枝を切って、樹木の形を整える作業)の賜物です。

比較すると面白いのは、マクダックス・デパートメントストアの、スチームボート・ミッキーズ側の街路樹になっている、プラタナスです。

縦長に整えられていて、形だけ見たら、同じ種類とは、気づかないかもしれませんね。

そうです!

剪定で、樹木の形を、好みや用途に合わせて、整えるのも、ガーデニング上級の醍醐味です!

植栽キャストが、樹木の成長を見守りながら、将来の姿を思い描き、根気よく剪定を続けた、15年間の成果が、横広プラタナスと縦長プラタナスでもあるのです。

実りも楽しめる!

プラタナスは、和名をスズカケノキといいます。

「鈴懸の径(すずかけのみち)」という歌も、ありますね。

球形の実が、枝から下がる様子は、まさに、木に鈴を掛けたように見えます。

落葉が始まった頃、可愛い鈴を、探してみてくださいね!

あ! 可愛いからといって、折り取っては、いけませんよ。

撮ってよいのは、写真だけ、ですからね。

のっぽナンバーワンのタイサンボク

待ち合わせにも便利?

ウォーターフロント・パークの、高架側入り口には、背の高い樹木があります。

パークで一番の高木、タイサンボクです。

目立つので、待ち合わせにも、便利です。

庭木にしたら、高い木のある家で、すぐに分かりますね。

また、タイサンボクは、背が高いことに加えて、春から初夏にかけて、大きな白い花を咲かせることも、特徴のひとつです。

ミニーのクリスタルポイントが放つ、赤い光のバックグラウンドとして、緑豊かな大木と、大きな白い花は、フォト・ジェニックだったのではないでしょうか。

香りにもウットリ

タイサンボクは、花をたくさん咲かせるので、下の方の花の香りを、是非、嗅いでみてください。

顔を花の方に向けると、とてもよい香りがします。

どこかで嗅いだことは、ありませんか?

はい、ご名答!

マグノリア香水です。

マグノリアは、タイサンボクの英名なんですよ。

これからは、マグノリア香水を嗅いだら、パークを思い出しそうですね!

ガーデニングというより、庭木候補ですが、パークの立役者として、オマケに紹介させていただきました。

ガーデニングをしなくても、いつも背景でしかなかった、パークの植栽も、見どころ満載です。

詳しく知りたくなった方は、「東京ディズニーリゾート植物ガイド」(企画・文・写真/畑山信也、監修/竹下大学、講談社)もありますよ。