石原慎太郎氏の記憶力や政治家としての感性には感心することが多かった。

 日独の敗戦日のニューヨーク・タイムズ紙を村松剛氏が米国から持ち帰り、米国の日独に対する処方箋が全く異なっていたこと、また英国のホーキンス博士が来日して講演した折の地球文明論など、あちこちで書かれていたが、国家のエゴがむき出しにされた捉え方が見事で受け入れやすかった。

 ホーキング博士の言説についてはつい最近も産経新聞のエッセイで拝見した。字句は違っても言わんとすることは同じであり、改めて記憶力に感心した。

 ところが小池百合子都知事になり、豊洲問題の質問書に対する回答文書で、「記憶にない」「分からない」が多くみられることに、いささかの失望を禁じ得なかった。

 小説やエッセイなどに記憶で書くのと、賠償責任に発展するかもしれない行政事案では致し方ないのかもしれない。

 ただ、知事の登庁が少なく、幹部職員との連携の不足があったようにも仄聞する。しかし、知事の一声で豊洲事案のような小さからぬ金額の取引の歯車が始動したわけで、そうしたことに対する責任は、しっかり検証されなければならないであろう。

 石原氏は言葉という武器をもっていたため報道関係者も迂闊にはものが言えなかったのかもしれない。しかし、豊洲問題が出てからというもの、これまでほとんど封印されてきた石原都政の闇にも光が当てられるようになってきた。

 氏の著書『新・堕落論』ではないが、「週刊文春」(2017年2月23日号)の報道で見る限り、都民のための利他ではなく、「我欲」による利己の都政であったように見えてくる。百条委員会の設置も決まり、事実の解明が望まれる。

石原氏の問題解決への提言

 石原氏は豊洲問題が出てきた後、産経新聞掲載(平成28年10月17日)のエッセイ「日本よ」で、移転問題について、自身の関わりの程度と、「不透明な事項を解明する鍵は顕在していると私は思っている」と述べる。

 「築地の市場の移転先の豊洲の地にさまざまな不祥事が発覚しそのとばっちりが前々々任者の私にまで及んできて、ただの推測を元にした私自身の名誉にかかわりかねぬような中傷記事が氾濫し、心痛で健康まで損なわれた始末だった」と書いている。

 小池百合子知事が豊洲問題の究明に乗り出している状況を、小説家らしく「関係者の記憶はまばらで、ことは芥川の小説ではないがまさに『藪の中』の印象を出ない」と述べる。

 築地からの「移転計画は(自分の知事就任前に)既定のものとなっていたようだ」と述べ、(就任後は)「移転先現地の所有者東京ガスの当事者と、都の当事者とのさまざまな折衝が行われ仮契約が調印され、さらに本契約の運びになったということで、議会の了承も得て一件落着しましたという事で私は知事として豊洲移転を了承したという事だった」と回顧する。

 そのうえで、「今般都の顧問団からの書面での質問に答えるべく記憶をたどってみても、仮契約から本契約までの経緯の詳細について都の官僚から報告を受けた記憶は一切無い」と断言している。

 都が質問した重要事項の1つ「瑕疵担保責任の放棄」については、「(この)事項に関する相談など全くありはしなかったし、誰が何の責任何の利益をかまえてこうした判断を下したかは正しく藪の中でしかない」とも言う。

 新聞の1面5段にわたる約1300字で、当時の自身の行動を振り返りつつ、小池氏に「知事としての責任の履行のためにもさらに都庁の名誉のため、都民の利益ファーストのためにも、そして小池都政のこれからの展望のため」として、次の提言をして締め括っている。

 「先般ある野党が入手し質問の資料として提出した殆ど全ペイジが黒塗りされている膨大な資料(海苔弁当というらしい)」で、「資料の全文を公開披瀝してもらいたいものだ。それを切にお願いする」と。

超人的な作品創出

 作家で都知事になったのは石原氏の前任青島幸男氏と後任猪瀬直樹氏の3人である。ウィキペディアで、知事在任間に上梓した作品などを比較してみると、超人的な石原氏であったことが分かる。

 青島氏は1任期4年間知事を務めた。『人間万事塞翁が丙午』で直木賞を受賞し、テレビドラマ「意地悪ばあさん」や作詞「スーダラ節」などで知られるように作家、放送作家、作詞家、俳優、映画監督などで活躍し、超マルチタレントとして国民的人気があった。

 しかし、知事の4年間にはテレビ番組、映画などにもほとんど関係せず、『ドーンと都政じわじわ革命』を含んだ単行本2冊、共著1冊のみである。

 猪瀬氏はわずか1年間の在任で、その間の著書はない(その前の副知事在任の5年間には『霞が関「解体」戦争』『東京の副知事になってみたら』『地下鉄は誰のものか』など11冊を上梓している)。

 石原氏は1999年4月に知事となり、2012年10月まで13年半ほど務めるが、作家活動も精力的であった。雑誌の対談やインタビューでも肩書を「作家・東京都知事」と記しており、一般的には前者が主務と解され、知事よりも作家が活動主体ということであったのかもしれない。

 知事時代の作品一覧を見ると、長・短編や連載、共著など実に多くの作品を上梓などしている。

 長編は『火の鳥』『生死刻々』『再生』など5編、短編は『青木ヶ原』『生き残りの水兵』『夢々々』『世の中おかしいよ』など6編、共著『勝つ日本』『日本の力』『生きる自信、健康の秘訣』など7編、連載もの『国家なる幻影』『老いてこそ人生』『日本よ』『惰眠を貪る国へ』『息子たちと私』『新・堕落論』など16編、などである。

 また、数本の映画やテレビで、製作総指揮・企画・脚本・出演もあったし、芥川賞の選考委員でもあった。

 受賞作が発表される都度、知事の顔が思い出され、二足の草鞋どころか、三足・四足で「大変だな〜、大丈夫かな?」と常々思いながらも、脱帽以外になかった。八面六臂という言葉でも言い尽くせないほどの大活躍である。

石原知事の登庁状況

 果せるかな、「週刊新潮」(2016.10.6)によると、2007年に日本共産党の吉田信夫都議が都議会で石原知事の2006年2月〜2007年1月の1年間における勤務実態を明らかにした。それによると、年間の登庁日は130日、勤務時間は1日平均4時間9分、時給換算報酬は4万7000円に相当するとした。

 都議はこのデータを突きつけて、「多くの青年が時給800円位で働いている。(中略)自らと側近は公費で飲み食いや豪華海外出張を行い、改めようとしない知事の姿勢が問われる」と追及している。

 都議は知事の行動日誌と知事公用車の運行日誌を見比べ、公務の日程がないのに、公用車で外出しているケースも細かく調べていくと、「公用車を使って、練馬区の映画撮影所に、自ら総指揮・脚本を担当した映画の撮影の見学に赴いていた」ことが分かったとも言う。

 議員はこうした石原氏の行動を犖私混同″爛汽椶蠡亮繊蹐噺世ぁ∨洲騒動と直結するものではないが、「本来の責任に対して全力投球していなかったという点では、これらの問題は同根かもしれません」と言うのである。

 さらに「追及もどこ吹く風。何ら反省のない石原元知事はその後も『週2〜3日』登庁をあらためることはなかった」と言う。しかも知事日程表には「庁外」という文字が頻繁に記されており、これは「都の職員たちが知事の動静を把握していない日を指します」と言うのだ。

 同誌は、「ワンマン体質とはいえ、都庁不在が余りに多いため、職員に対し、充分には睨みをきかせられない。また自分が関心ある事業には熱心だけど、その他は基本的に現場任せの人です。こうした無責任ぶりが、今日の豊洲の盛り土問題を招いていると言えます」と声を潜めて話す都の幹部の声を記している。

 石原氏はかつて北朝鮮の日本人拉致問題や核兵器開発への対応で、外務省を厳しく批判して、「この百余年不変の中央集権国家としての体質が、普通の市民と本質的に異なる価値観と発想を抱いてはばからぬ官僚という特殊な種族の専横をほしいままにしてきた」と批判し、「政治家も彼らに使役されてきた」(対談「いまこそ問う 国を救う気概はあるか!」、『正論』平成15年12月号所収)と自戒を込めて述べていた。

 小池知事の質問書に対して、石原氏が「すべて任せていた」「判断を求められたことがなかったので、全く分からない」という言葉が並んだことからは、使役されたわけではないだろうが、何らかの要因で「特殊な種族の専横」を許してきた結果とは言えるであろう。

おわりに

 ただ、作家であり政治家である石原氏がマックス・ヴェーバーの『職業としての政治』を知らないはずはないであろう。

 ヴェーバーは、政治家にとって情熱、責任感、判断力の3つの資質が特に重要であり、しかもバラバラに存在するのではなく三位一体であるべきであると言う。

 情熱について「事柄に即するという意味での情熱、つまり事柄への情熱的献身」で、単に「精神態度のことではない」と力説し、精神態度は「むなしく消えていく『知的道化師のロマンティシズム』であり、仕事に対する一切の責任を欠いた態度」であると糾弾する。

 しかもこの情熱は、「『仕事』への奉仕として、責任性と結びつき、この仕事に対する責任性が行為の決定的な基準となった時に、初めて政治家」となるとし、そのためには「判断力―これは政治家の決定的な心理的資質である―が必要である」と言うのである。

 「政治家は、自分の内部に巣くうごくありふれた、あまりにも人間的な敵を不断に克服していかなければならない。この場合の敵とはごく卑近な虚栄心のことで、これこそ一切の没主観的な献身と距離―この場合、自分自身に対する距離―にとって不倶戴天の敵である」とヴェーバーは確信的に述べる。

 「知事」としての石原氏の場合、「ごく卑近な虚栄心」とは作家や家族などの取り巻き、プライドなどであったのかもしれない。

 盛り土がなかった問題に関しても、元知事は「手を抜いて、していない仕事をしたことにし、予算措置をした。都の役人は腐敗している」「だまされた。現場の人間しかわからないことだ」(「産経新聞」平成28年9月14日)などと述べているが、都政への知事の腰のすえ方を見て、「官僚という特殊な種族」が専横を欲しいままにしたとは言えないだろうか。

筆者:森 清勇