夏帆、野村周平ら藤原竜也を憎む追加キャストが発表『22年目の告白』

写真拡大

藤原竜也と伊藤英明が初共演を果たした映画『22年目の告白−私が殺人犯です−』(6月10日公開)。このたび、2人の脇を固める豪華キャストが発表された。

入江悠監督が手がける本作は、1995 年、残忍な手口で5人の命を奪い世の中を震撼させた連続殺人の犯人が、時効を迎えた22 年後、自身の殺人を告白した本の出版記者会見を行うという前代未聞の衝撃的な展開から始まる。「被害者に近しい者を殺人の目撃者にする」残忍な犯行を繰り返した告白本の著者 曾根崎雅人(藤原)は、出版した本「私が殺人犯です」を手に会見や握手会、TV 出演とキャンペーンを展開する。そんな犯人を22 年間追い続けてきた刑事・牧村航(伊藤)の気持ちとは裏腹に、加熱するマスコミ報道、SNS により美しい容姿とともに拡散された曾根崎は日本中から罵声と歓声を浴びながら、一躍時の人になっていく……。

今回発表されたキャスト陣は、時効が成立し“絶対に捕まえられない”美しき殺人犯を憎む人々。22年前、父親を殺された被害者遺族・岸美晴役を夏帆、事件を追い続ける・牧村の妹の恋人・小野寺拓巳を野村周平、牧村のたった1人の家族で大切な妹・牧村里香を石橋杏奈、牧村の後輩で共に事件を追う刑事・春日部信司を竜星涼、橘組の若手構成員・戸田丈を早乙女太一、22年前に殺された牧村の元上司・滝幸宏を平田満、22年前に目の前で愛する妻を殺された医師・山縣明寛を岩松了、22年前に目の前で恋人を殺された橘組の組長・橘大祐を岩城滉一、連続殺人事件の真相を追うジャーナリスト・仙堂俊雄を仲村トオルが演じる。豪華キャスト陣のコメントは以下。

<夏帆>
入江さんとは、以前ドラマでご一緒した時から、いつかまた、今度は映画でお仕事がしたいとずっと思っていました。なので今回、念願叶って、というわけです。役柄上、はしゃぎだしたい気持ちをおさえながらも、入江さんの何気ない一言にハッとなる瞬間が度々あり、とても充実感のある現場でした。登場人物の複雑な思いが交差して、手に汗にぎるラストが待ちかまえています。ぜひ、楽しみにしていてください。

<野村周平>
牧村刑事の妹・里香の恋人、小野寺拓巳役を演じました。台本を読ませていただいて、ラストになるにつれてどういう展開が待っているのだろうととてもドキドキしましたし、これを映像にしたら一体どうなるのかと僕自身気になって仕方がありませんでした。藤原さんや伊藤さんをはじめとする先輩方と一緒に作り上げた作品をぜひ楽しみにしていてください!

<石橋杏奈>
今はまだ言えないようなハードな撮影の連続でしたが、私自身、毎回現場に行ってお芝居するのが楽しかった作品です。きっとスリルいっぱいの作品になっていると思います。私も楽しみです。

<竜星涼>
擦れてなくて、自分の正義に真っ直ぐ熱いルーキーな春日部という男に脚本を読んだとき惚れました。この男を演じたいと、観る人が思うことを1 番に代弁したいと強く思いオーディションに行きました。入江組は初めてでしたが、監督と細かく話し合いながら、熱い夏にあつい男を作っていきました。常にバディとして一緒のシーンが多かった伊藤英明さんには、主役としての責任感や役に対する向き合い方など沢山のことを学ばせていただきました。

<早乙女太一>
この2 年前くらいから入江監督とやらせていただいていて、きっとその流れで監督が呼んでくださったと思いますが、まずはそのことが嬉しいですし、それに対してちゃんと応えられるようにしたいなという思いでオファーを受けました。セリフがほとんどなく、ずっと走っていて、前の作品でもずっと走っている役だったので、入江監督から求められていることは、もしかしたら芝居ではなくて俺の脚なのかなと(笑) 出てくる人たちが過去にものすごく深い傷を負っていて、僕もその一人で、その自分の受けた傷がそれぞれの狂気になっていて、僕が出て来るときは常にその狂気を表に出すシーンが多かったので、短い撮影だったんですが、すごく濃く印象に残っています。撮影の環境自体も良くて、監督をはじめ伊藤さんやキャストみんなが強い思いでこの作品を作っているということを、短い撮影の中で、ものすごく強く感じた現場でした。また新たな役に挑戦させていただきましたので、たくさんの方に見ていただきたいです。