写真提供:マイナビニュース

写真拡大

俳優の内藤剛志が主演を務めるテレビ朝日系ドラマ『警視庁・捜査一課長』(毎週木曜20:00〜20:54)のシーズン2が、4月からスタートすることが27日、明らかになった。

同作は、400人の刑事を統率する、内藤演じる大岩純一捜査一課長が、苦悩や重責を乗り越え、時には自ら捜査に乗り出して、真犯人に向かっていく姿を描く作品。2012年7月に『土曜ワイド劇場』でスタートし、昨年4月クールで連ドラ化され、今回1年ぶりにシーズン2として帰ってくる。

今シーズンからは、内藤演じる大岩捜査一課長の側近中の側近である運転担当刑事・刑部公平役で、田中圭が新加入。

内藤は田中について、「『この人に勝ちたい!』…そう感じさせるぐらいのお芝居をする、素晴らしい俳優さん」と印象を語り、田中は「内藤さんのことが大好きなので、今回、がっつり絡むのがとても楽しみです。内藤さんの熱い思いに乗って、チームの輪に入って頑張りたい」と意気込んだ。

斉藤由貴や金田明夫らレギュラーメンバーは、引き続き登板。今シーズンも「知って得する東京最新情報」「東京の知られざる新名所」などをストーリーに織り込み、刑事ドラマの中でも独自色を出していく。