川淵元チェアマン、カズ先発のJ2開幕戦を観戦「何としてでも来ないと…」

写真拡大

 26日に行われた2017明治安田生命J2リーグ第1節で、横浜FCと松本山雅FCが対戦。ホームの横浜FCが1−0と完封勝利を収めた。開幕戦当日が50回目の誕生日となった横浜FCのFW三浦知良は先発出場し、65分までプレーしている。

 Jリーグ最年長出場記録を更新した三浦について、Jリーグ初代チェアマンの川淵三郎氏がコメントした。

 ニッパツ三ツ沢球技場で試合を観戦した川淵氏は「『(元イングランド代表FW)スタンリー・マシューズが50歳までプレーしたんだから、50歳までやれよ!』と言ったのが、5、6年前かな」と、三浦に告げていたエピソードを明かし、「50(歳)の時の試合は“何としてでも来ないと”と思っていたんだ」と、同選手の記録達成を喜んでいた。

 そして「これだけストイックに自分の身体を維持して、試合に出るのは難しい。アマチュアではないからね」と、50歳でプレーを続ける三浦を称えた。取材対応を終えると、ピッチ上で三浦と対面。笑顔で話をする姿が見られた。