北朝鮮の朝鮮中央通信は25日、同国が12日に行った地対地中・長距離戦略弾道ミサイル「北極星2」型の試射に対して、日本が言い掛かりをつけていると非難する論評を配信した。

論評は、「(日本政府は)迎撃態勢を強化するために新しい装備品導入に対する検討を早めて具体的な対策案を作成し、次期の中期防衛力整備計画(2019年度-2023年度)に反映することを明らかにした」と指摘。

また、「われわれの戦略弾道ミサイル『北極星2』型の試射以後、騒がしい日本の動きはわれわれのミサイル発射を口実にして自国の海外侵略野望を覆い隠そうとする愚かな試みとして、国際社会の嘲笑を買っている」と主張した。

さらに、「現安倍政権に至って日本の軍事大国化、海外侵略野望は絶頂に達した。『自衛隊』の武装装備の規模が世界的な軍事強国の水準に追いついている」と述べた。

そのうえで、「再侵略策動の第1の対象は、ほかならぬわが国である。米国の対朝鮮敵視政策に積極的に便乗して、日本列島の全土を米国の大陸侵略の前哨基地に任せてでもアジア盟主の地位をなんとしても占めようとするのがまさに、日本の打算である」と強調した。