男子総合4位に入った無良崇人【写真:Getty Images】

写真拡大

冬季アジア大会、3位と8.55点差で宇野とW表彰台ならず

 冬季アジア大会は最終日の26日、フィギュアスケート男子のフリーが真駒内公園屋内競技場で行われ、ショートプログラム(SP)4位の無良崇人(洋菓子のヒロタ)は172.99点で合計263.31点となり、総合4位。メダルに届かなかった。宇野昌磨(中京大)が合計281.27で日本勢では2003年の本田武史以来、14年ぶりの金メダルを獲得した。

 最後まで魂を込め、演じ切った。無良は連続ジャンプでバランスを崩す場面もあったが、大きなミスなくフリーをまとめた。演技を終えると、大きく一つ息を吐いた。

「全日本から2か月でやれることはやってきた。一度、体力が落ちた時期があって、そこから持ち上げるのが大変だった。それでも、あきらめずにやってきたことが出たと思う」

 3位の閻涵(中国)とは8.55点差で4位。惜しくも宇野と日本人表彰台はならなかったが、3位だった全日本選手権からの取り組みに一定の手応えも感じていた。

世界はハイレベルな「4回転時代」へ「自分も2種類入れたい」

「足りないところはたくさんある」

 そう話す通り、もちろん、これで満足というわけでない。「いくら練習でできても、試合になると疲労感が残る。後半になるとスピードが落ちるし、もっと余裕をもって終えられるような体力を作りたい」とスタミナ強化を課題に挙げた。

 日本での貴重な国際大会。「若い方から年配の方までいろんな層の方々が見に来てくださって、いい演技を見せたいと思って滑った。大きな声援を受け取って、ありがたい」と頭を下げた。

 今季はあと1戦を残すのみで、平昌五輪はいよいよ1年後に迫ってきた。世界はハイレベルな「4回転時代」に突入し、一層、競争は激しくなる。

「自分も(4回転を)2種類入れられるようにオフを過ごしたい」と目標を掲げた無良。羽生、宇野ら良きライバルと切磋琢磨しながら、進化を目指していく。