写真提供:マイナビニュース

写真拡大

国内最高記録がマークされるなど、大いに盛り上がった東京マラソン2017。これにあわせて、Appleは、同社製スマートウォッチ「Apple Watch」について、さまざまなアプローチでプロモーションを展開していた。

東京マラソン2017の前日、2月25日にはApple Watchのフィットネス技術の開発をリードした、フィットネス&ヘルステクノロジー担当ディレクターのJay Blahnik(ジェイ・ブラニック)氏が、東京を拠点とするランニングチーム「Athletic Far East(AFE)」のメンバーとともに、皇居ランを楽しんだのち、Apple 銀座で「テクノロジーを活用してマラソンに挑戦しよう」というトークイベントに登壇した。

Amazing shake-out run#TokyoMarathonweekend with#AFE_Tokyo, followed by#AppleGinzaevent talking all things health, fitness &#AppleWatchpic.twitter.com/ElZ6dXSNLp

- Jay Blahnik (@JayBlahnik)2017年2月25日

このイベントでは、さまざまなレースに挑戦しているAFEメンバーのライフスタイルや、楽しく続けられるトレーニング方法、テクノロジーの活用方法などが紹介された(このイベントについては、のちほど詳細なレポート記事を掲載する予定)。

ランニングへの情熱から生まれた、手首の上の最高のランニングのパートナー「Apple Watch Nike +」のプロモーションのために、東京マラソンのコース前であるApple 銀座そしてApple Watch at Isetan Shinjukuでは店舗に入るとスタッフが「ARE WE RUNNING TODAY?」と書かれたApple WatchとNikeのスペシャルTシャツをこの期間限定で着用していた。

さらに、SNSやビックカメラ有楽町、ビックロ新宿東口では「GO TOKYO!」の文字のApple Watchのプロモーションビデオが流れるなど、この週末、さまざまな形でApple Watchが東京を応援。3万6,000人が参加したという東京マラソン2017を盛り上げた。

(稲葉雅己)