ネタバレはなしだよ! - 『ラブ・アクチュアリー』のアンドリュー・リンカーン&キーラ・ナイトレイ
 - Universal Studios / Photofest / ゲッティ イメージズ

写真拡大

 映画『ラブ・アクチュアリー』(2003)の続編短編が、面白いことをやって慈善団体への寄付を募る「レッド・ノーズ・デー」のプログラムの一環として制作されることが先日発表され、キーラ・ナイトレイ演じるジュリエットに思いを寄せていたマーク役のアンドリュー・リンカーンが続編出演についてEW.comに語った。

 それによると、アンドリューには1か月ほど前にリチャード・カーティス監督から声がかかったそう。人気ドラマ「ウォーキング・デッド」の撮影とプロモーションで時間調整に苦労したものの、なんとか3月に撮影することに決まったらしい。「久しぶりにみんなに会えるのをすごく楽しみにしているよ。とてもエキサイティングで、クールなことだと思う」とコメント。マークとジュリエットはその後どうなったのかという質問には「ネタバレはなしだよ」とヒントもくれなかったそうだ。

 続編短編にはほとんどのキャストが戻ってくる予定だが、昨年1月に亡くなったアラン・リックマンさんの妻役だったエマ・トンプソン、スタンドイン役のマーティン・フリーマン、弟思いの奥手なサラ役のローラ・リニーの名前は出演者リストには含まれていない。(澤田理沙)