敵地で福岡撃破の大分・片野坂監督、勝利の要因は「みんなの思い」

写真拡大

 明治安田生命J2リーグ第1節が26日に行われ、アビスパ福岡と大分トリニータが対戦。1−1のまま迎えた後半アディショナルタイム、CKの流れから鈴木義宜が決勝点を挙げ、J2に復帰した大分が開幕白星スタートを切った。

 試合後、大分を率いる片野坂知宏監督がインタビューに応じている。

「みんなの思いが最後にやってくれたと思います」と鈴木の劇的決勝弾の振り返り、「準備してきたことを選手たちもトライしてくれて、我々らしいサッカーができて、こういう結果になったので、アビスパさんを相手にいい自信になったと思います」と総括した。

 今後に向けては、「アウェーで勝ち点3を取ることは本当に難しいと思うので、最後まで諦めずに勝ち点3を取れたことは、本当に良かったと思います。ただ、これからまだ厳しい試合はあると思うので、一つずつ積み上げていきたいです」と意気込んだ。