[2.26 J2第1節 岐阜2-2山口 長良川]

 2017シーズンのJ2リーグが26日に開幕し、長良川競技場ではFC岐阜とレノファ山口FCが対戦し、2-2で引き分けた。

 試合はいきなり動いた。山口は前半3分、左サイドをドリブルで駆け上がったMF小野瀬康介がPA左からマイナスに折り返す。MF高柳一誠がMF清永丈瑠とのワンツーからPA内に抜け出してシュートを狙うと、そのこぼれ球に走り込んだFW岸田和人が左足で流し込み、先制点。ワンタッチパスを細かくつないで守備陣を翻弄し、先手を取った。

 1点ビハインドの岐阜も徐々に流れを引き寄せ、前半6分、DF福村貴幸のスルーパスに抜け出したFW風間宏矢がPA内左から左足で狙ったが、シュートはGK山田元気が体を投げ出してセーブ。岐阜は前半25分に選手交代のカードを切り、DF田森大己に代えてMF田中パウロ淳一を投入した。33分にはその田中がドリブルで持ちこむと、PA内で切り返して2人をかわし、右足を振り抜いたが、強烈なシュートは再びGK山田のビッグセーブに防がれた。

 しかし、前半37分、後方からのフィードに抜け出した岸田がエリア内でDF青木翼に倒され、PKを獲得する。岸田が自らキッカーを務めると、右足で狙ったシュートはGKの手をかすめてゴールネットを揺らし、開幕2ゴール目を決めた。すると、2点を追う岐阜が反攻に出る。その2分後の39分、左FKから風間がPA内に浮き球のクロスを入れると、青木が意地のヘディングシュート。PKを献上した青木がすぐさま取り返し、1点差に追い上げた。

 1-2で前半を折り返すと、攻勢を強める岐阜は後半11分、MFシシーニョがカットインから狙ったミドルシュートは相手選手に当たったが、そのこぼれ球をMF永島悠史が左足でゴール左上隅に突き刺し、同点に追い付いた。その後はともにゴールを奪えず、試合は2-2の引き分けに終わった。


●[J2]第1節 スコア速報