開幕黒星の松本、昨季16発の高崎も不発「もっとボールに触らないと」

写真拡大

 26日に行われた2017明治安田生命J2リーグ第1節で、横浜FCと松本山雅FCが対戦。敵地に乗り込んだ松本は0−1と敗れ、開幕黒星を喫した。

 フル出場を果たしたものの、無得点に終わった松本山雅FCのFW高崎寛之は「自分がもっとボールを触らないと」と課題を口にした。

 昨季の明治安田生命J2リーグでは37試合出場16ゴールを記録し、松本をけん引した高崎。期限付き移籍元の鹿島アントラーズから完全移籍で松本に加入し、背番号が「9」に変更となった今季、エースとして得点量産が期待される。横浜FC戦でも先発メンバーに名を連ねてフル出場を果たしたが、ゴールネットを揺らすことはできなかった。

 高崎は「自分がもっとボールに触らないと、起点を作ることができない」と反省の弁。90分間でシュート1本に終わり、「もっとボールを呼び込みたい」と奮起を誓った。

 また、高崎とともに攻撃陣を形成したMF工藤浩平は「相手がいることなので、自分たちがこれからどうしていくかが大事だと思う。これでセットプレーで勝っていたら“うちらしい”ということにもなる。最後までやる、という部分で負けないようにしないと」とコメント。次節へ向けて、課題を口にした。

 松本は3月5日、愛媛FCと敵地で対戦する。