ドロー発進も前を向く長谷川監督「こういう勝ち点1が最後につながってくる」

写真拡大

 明治安田生命J1リーグ第1節が26日に行われ、ガンバ大阪とヴァンフォーレ甲府が対戦。試合はアウェーの甲府が松橋優の得点で先制したが、G大阪は後半アディショナルタイムにセットプレーから今野泰幸のヘディング弾で追いつき、勝ち点1を拾った。

 試合後、G大阪を率いる長谷川健太監督は以下のようにコメントしている。

「なかなか甲府の堅守を崩せなかったなという感じで、カウンターから1点取られましたけど、よく最後に追いつきました。勝てなかったですけど、こういう勝ち点1が最後につながってくるというふうに思います。サポーターには勝利をプレゼントしたかったですけど、選手たちはよく頑張ってくれたと思います」

 G大阪は次節、アウェーで柏レイソルと対戦する。