終了間際に劇的同点弾も今野は反省の弁「決めるべき時に決めれなかった」

写真拡大

 明治安田生命J1リーグ第1節が26日に行われ、ガンバ大阪とヴァンフォーレ甲府が対戦。試合はアウェーの甲府が松橋優の得点で先制したが、G大阪は後半アディショナルタイムにセットプレーから今野泰幸が頭で合わせ、試合は1−1の引き分けに終わった。

 試合後、同点弾を決めた今野がインタビューに応じている。

「結果的に見れば劇的に追い付いて勝ち点1を拾ったみたいな感じですけど、正直に内容からいえば勝ち点3が欲しかったです」と試合を振り返り、「(甲府に)テンポを合わせてしまったというか、決めるべき時に決めれなかったですし、僕自身も前半にチャンスはあったので、それを決めていれば何の問題もない試合だったと思うので、ちょっと残念な試合だったと思います」と勝ち点1に終わったことを悔やんだ。

 今後に向けては、「これから試合がどんどん続いていくので、落胆はしていますけど、気持ちを切り替えて次に向かいたいと思います」とコメントしている。