在中国瀋陽日本総領事館の古屋健領事は、「中国東北地方の変化を背景に、日本はローカル都市の観光資源をさらに開発し、地方の経済発展を振興させることができる」との見方を示す。

写真拡大

在中国瀋陽日本総領事館の古屋健領事は、「2013年の約6万5000件から、16年の約19万件と、中国の東北地方から日本に旅行へ行く人が申請するビザの数は、毎年増加している。近年、中国人の日本旅行のスタイルには変化が起きており、ツアーでゴールデンルートを巡る人は減る一方、個人でローカル都市の旅行を楽しむ人の割合が高まっている」とし、「中国東北地方のこのような変化を背景に、日本はローカル都市の観光資源をさらに開発し、地方の経済発展を振興させることができる」との見方を示す。中国新聞網が報じた。

21日午後、 黒竜江省哈爾濱(ハルビン)市で、同市の関連機構と在中国瀋陽日本総領事館の懇談会が開催された。ビザの事務を担当する古屋領事が、同市の事業単位(国家が社会公益目的のため、国家機関により運営あるいはその他組織が国有資産を利用し運営するもので、教育、科学技術、文化、衛生などの活動に従事する社会サービス組織)の代表を前に、日本の貿易、文化、観光、ビザなどの分野の政策を紹介した。

日本政府観光局(JNTO)が発表している統計によると、2016年、中国大陸部からの訪日客数が延べ637万3000人と、15年比で27.6%増となった。近年、東京や大阪、名古屋など人気都市のほか、新潟や山形、群馬など、ローカル都市も中国人観光客に人気となっている。

山形県ハルビン事務所の大門明所長は、「当県は国際線がないものの、街の至る所で中国人観光客を目にすることでき、とてもうれしい。中国人観光客のこの変化は、当県が期待していたもので、訪れる中国人観光客が増加するにつれて、当県の経済も促進される。中国は世界経済のエンジンである限り、中国人観光客は潜在市場」と話す。

日本海沿いにある最大の都市である新潟市も近年、日本を旅行する中国人観光客の恩恵にあずかっている。新潟県のオフィシャルサイトには、同県の最新データが掲載されており、中国人観光客の宿泊数は前年比81.5%増となっている。同県は、「中国大陸部からの団体客が増加したため、外国人の宿泊数が過去最高となった」としている。その他、ハルビンと新潟を結ぶ国際線の増加で、中国東北地方から訪れる観光客が大幅に増加している。

世界の多くのスキーのメッカで滑ったことがあるというペンギンスキークラブの会長・劉昆氏は、「当クラブは、山形県の藏王山に行ってスキーをする企画を何度も行ってきた。日本の自治体には、観光客が観光しやすいように、現地の観光名所を中心とした一連の観光ルートを制定してほしい」と要望している。

古屋領事は、「当領事館も日本の自治体と連携して、観光開発を行っている。日本に個人で旅行に来る中国人が激増しているのを背景に、自治体は商機と見て、関連の観光ルートの制定を急いでいる」としている。(提供/人民網日本語版・編集KN)