ランボルギーニ・ポロストリコは、2015年春にオープンしたランボルギーニのクラシックカーをレストアする部門です。

これまでランボルギーニ・ポロストリコは、ミウラ、LM002、カウンタックをフルレストアしてきましたが、4番目に修復されたランボルギーニ350GTがパリで開催された国際クラッシクカー展示会・レトロモービル2017でお披露目されました。

1

ランボルギーニ350GTは1964年のジュネーブモーターショーで発表され、ランボルギーニブランドが世界市場デビューを飾った記念すべきモデルです。アルミ製のボディに搭載するエンジンはアルミ合金を使用した3.5L12気筒で、最高出力270psを発生します。

今回レストアされたランボルギーニ350GTはシャシー番号が0121で、アウトモビリ・ランボルギーニが最初に製造した15台の中の1台という貴重なクルマです。車体と内装のレストアに1150時間、さらに機械系・電気系のチェックに780時間を要して、350GTは本来の輝きを取り戻しています

ボディの塗装にはオリジナルの技法と同じ配合の塗料を使用。インテリアのブラックレザーは伝統的な工法で一新され、木製ハンドルやオリジナルのペダルはわずかに摩耗した部分を修復して使用しています。

装着されているラジオは1964年に最初のオーナーに納車された当時と同様に機能していて、後はオーナーが大切に保していたオリジナルのオーナメントやマークを装着すれば完成となります。

このように名車のレストアができるは、ファイティングブルの歴史的遺産を守るランボルギーニ・ポロストリコが、アフターサービス部門やディーラーを通じてレストレーション、アーカイブ管理、認定書の発行、オリジナル・スペアパーツの提供という4つの分野を重視し、クラシックカーの維持を目指しているからです。

ランボルギーニの誇るスペアパーツ保管庫では、クラシックカーモデルのパーツが70%以上保管されており、要望があれば追加部品を供給するそうです。こういった施策は国産車メーカーも採り入れてもらいたいですね。

(萩原文博)

約2000時間掛けてレストアしたランボルギーニ・350GTがお披露目(http://clicccar.com/2017/02/26/448857/)