花粉症でアイメイクの崩れが気になる!(depositphotos.com)

写真拡大

 いよいよ花粉シーズンの幕開けである。通勤電車内でも、マスクをしている人を多く見かけるようになった。

 この時期に悩まされる「スギ花粉症」にかかっている人は、およそ3000万人と言われる。なんと日本人の4人に1人は罹患しているということで、国民病と言われる所以だ。

 日本気象協会の今年のスギ花粉ピーク予測は、福岡=2月下旬から3月上旬、高松・広島・大阪・名古屋・東京=3月上旬から3月中旬、金沢・仙台=3月中旬から3月下旬とのこと。

  今春のスギ・ヒノキの花粉の飛散数(1平方センチ当たりの花粉数)は、近畿で前年比の2.9倍、九州で2.7倍など西日本を中心に非常に多くなる見込みだ。昨年の夏は気温が高く、日照時間も多かったため、スギやヒノキの花芽が多く形成されたという。

 一方、関東甲信は前年比3割減、東北は半分と予想されており、花粉症の人にとっては朗報だ。

この時期、花粉症の女性を悩ます「残念目元」

 くしゃみや鼻水、鼻づまり、そして目のかゆみなどが花粉症のおもな症状だ。さらに目の症状として、充血する、涙が出る、まぶたが腫れぼったくなる、目がゴロゴロする、目やにが出る、まぶしいなども。

 こんな症状が続くとしたら「花粉症の女性はこの時期メイクどころじゃなくなるのだろう」と同情申し上げるが、このほど参天製薬株式会社が「花粉症とメイク」に関する意識・実態調査を行った。

 20〜40代の働く花粉症の女性500人に対し「花粉シーズンはメイクが崩れやすくなると思いますか?」という質問に、「そう思う」と答えた女性は86%。さらに「最もメイクが崩れやすくなるポイント」として、「アイメイク」と答えた女性が63%。ベースメイクの34%、リップメイクの3%と比較すると、花粉症にようるアイメイクのダメージはダントツといえる。

 実際に「目元のメイクが崩れて残念な状態になった経験がありますか?」の質問には、58%が「ある」と回答した。

 その内容として、「涙が止まらずアイシャドウがにじんでパンダ目に」「涙でアイラインが消えてなくなる」「かゆくて目の周りを触ってしまうとマスカラが取れて汚くなる」「目が充血するとアイメイク自体が映えない」など。

 せっかくのアイメイクが台無しの残念目元になってしまうのだ。

 リップメイクや鼻周囲のベースメイクはマスクで隠すことができても、アイメイクはごまかしがきかない。このシーズンをノーメイクで過ごすのか、それとも何かいい方法があるのだろうか?
さまざまな花粉対策アイテムを駆使すべし!

 先のアンケートでは、残念目元を予防するための対策を聞いたところ「落ちても目立たない透明マスカラをする」「伊達メガネをするとファッションのポイントにもなる」「涙に近い成分の目薬を差す」など。

 対策アイテムとしても「目薬」は76%で圧倒的1位。続いて「飲み薬」が38%、「ヨーグルトなどの食品」が21%、「空気清浄機」が19%、「カップ型洗眼剤」が15%という回答だった。

 そのほかの対策アイテムとしては、眼のかゆみを抑える成分入りの目薬や、コンタクトレンズをしたまま点眼できる目薬などもある。冷やした目薬を使うとかゆみを感じづらいという情報もある。

 コンタクトレンズについては、この時期だけメガネに替える、あるいは使い捨てレンズにするという手もある。

 98%も花粉をカットするゴーグルタイプのメガネ、カバー部分が取り外すことができるメガネなど、メガネメーカーもさまざまなタイプを売り出しているから、試してみる価値はあるだろう。

 鼻対策としては、医療機関でも採用されている微細な粒子までカットするマスク、鼻の穴に塗って花粉をキャッチする塗り薬、鼻の穴に挿入するタイプのマスクなど。

 ほかにも衣服などにシュッとひと吹きして花粉をつきにくくするスプレー、花粉症の症状をやわらげるアロマやサプリメント、乳酸菌飲料やヨーグルトなどなど、さまざまなグッズが出そろう。

逆転の発想!? 体を花粉に慣らしていく「舌下免疫療法」

 花粉症の薬としては、抗ヒスタミン薬やマスト細胞安定薬、鼻噴霧用ステロイド薬といった対症療法に対し、最近注目されているのが「舌下免疫療法」だ。

 スギ花粉エキスを毎日舌の裏側にたらし、飲み込むというこの治療法は、3年ほど毎日続ける必要がある。徐々に花粉に体を慣らしていくという作戦である。

 とはいえ、この治療法は花粉が飛んでいる時期には行うことができない。今年の花粉シーズンが終わってから、気長に取り組んでみてはどうだろうか。

 いずれにしても、花粉症対策の基本は「花粉を避ける」。これに尽きる。

 花粉情報を常にキャッチし、花粉が多い日の外出はなるべく避ける。どうしても外出しなければならない時はメガネやマスクでガードし、帰宅したらドアの前で上着をパタパタして花粉を落としてから家に入ること。

 花粉は髪にもつくので、すぐにシャワーを浴びるのも有効だ。洗濯物も、この時期は部屋干しでがまんしよう。
(文=編集部)