冬季アジア大会フィギュアスケートで金メダルを獲得した宇野昌磨【写真:Getty Images】

写真拡大

冬季アジア大会V、会見一問一答「僕の中では挑戦しないことはどんな状況でもない」

 冬季アジア大会は最終日の26日、フィギュアスケート男子のフリーが真駒内公園屋内競技場で行われ、ショートプログラム(SP)2位の宇野昌磨(中京大)が188.84点で合計281.27点とし、逆転で金メダルを獲得。日本勢の金メダルは2003年の本田武史以来、3大会14年ぶりの快挙となった。

 四大陸選手権で成功した4回転ループは冒頭で失敗したが、3度のコンビネーションジャンプに果敢に挑戦し、金メダルを獲得。試合後の会見では3月の世界選手権へ向け、さらなる進化を誓った。一問一答は以下の通り。

――金メダルについて。

「あまりいい演技はできなかったけど、最後まで攻め切ってまとめた結果の優勝かなと思う。3本のコンビネーションに挑戦して、失敗はしたけど、攻め切れたのは良かった」

――演技の感想は。

「今日のループとフリップはあまり成功にこだわらず、頑張ってトライして、その後、失敗しないように心掛けたけど、ちょこちょこミスが出てしまった。コンビネーションは絶対、全部トライしようと思った。いつも余らせて終わらせてしまうので、そうならないようにしようと思って、最後のジャンプも挑戦した。失敗してしまって、残念です」

――連戦が続き、体もキツい状況。

「ハードスケジュールなのは僕だけじゃない。僕の調整の仕方がまだまだ未熟だったという結果です」

――中1日でどう調整した。

「特に変えたことはないけど、間違いなくこの1日でうまい調整ができたなと実感している。気持ちがもたらすコンディションへの影響はすさまじいと思った。集中できない中でショートプログラムに臨んでしまったけど、フリーはいい気持ちで臨むことができた」

羽生不在Vも平静「ゆず君が出る出ないに関わらず…」

――冒頭の4回転ループ失敗の原因は。

「どのへんが良くなかったというより、四大陸がうまくいき過ぎたというのもある。練習通りの失敗が出て、逆にほっとした。(練習通りというのは)跳ぶときに軸が左にずれてしまっている。(成功した)トウループもフリップも軸は良くなかったけど、力で戻せたのは経験値の違いかなと思う」

――羽生結弦が不在の中で金メダルを獲得した。

「このような結果が出たことはうれしい。自分の演技がベストを尽くしての優勝なら、心から喜べるけど、ショート、フリーともに良くなかったので、満足はできない。ただ、ゆず君(羽生)が出てる、出てないに関わらず、自分の演技ができなかったことが悔しい」

――日本の国際大会で結果を出した。

「日本での国際大会は初めて。でも、特別な感情はなく、時差がないことでいつもよりコンディショニングは楽だった。それにアジア大会という、いつもと違う雰囲気の国際大会を経験できたことが良かった」

世界選手権は「全部跳べるジャンプを入れた完成系を見せたい」

――今季も世界選手権まで試合は続く。

「最近は新しいジャンプも跳べて、いろんなことに挑戦できて、すごく幸せ。ただ、フィギュアはジャンプだけじゃないので、表現などをもっと磨いていきたい。シーズンの後半に向けて皆さんの完成度も上がってくるので、それに負けないように今できることを磨いて、また進化していけたらいい」

――今日の結果を踏まえて、どう調整していく。

「(4回転)ループは試合で跳べるジャンプかよくわからない中で、四大陸で降りられてしまった。今日は本当に練習でするような失敗をしてしまったので、その後に崩れなかったのは、(失敗しても)絶対に崩れないようにという練習の成果もあったんじゃないかと思う」

――「安定感も大事になる」と言っていたが、世界選手権でどんな演技を見せるか。

「全部跳べるジャンプを入れた完成系を見せたい。僕の中では跳べるジャンプに挑戦しないことは、どんな状況においてもない。その構成で完璧な状態にもっていくことが必要だと思う」

――世界選手権での抱負は。

「まずは昨シーズンと絶対、同じようにならないようにすること。少しでも演技中に笑えるくらいのモチベーションで、笑顔で終われるように。自分を否定してしまうな演技をしないようにしたい」