白星発進も湘南の曹監督は不満の声「J1なら確実にやられている」

写真拡大

 明治安田生命J2リーグ第1節が26日に行われ、水戸ホーリーホックと湘南ベルマーレが対戦した。試合は66分にCKから菊地俊介が挙げた1点を守り切った湘南が、水戸を下して開幕白星スタートを飾っている。

 試合後、湘南を率いる曹貴裁監督がインタビューに応じている。

「たまたまセットプレーから得点は取れましたけど、本当ならその前に1点を取っておかなければいけない展開だったと思いますし、得点を取った後はいい加減なプレーが多くて、J1なら確実にやられているし、納得できないですね」と勝利したものの不満を漏らした。

 敵地での開幕戦で勝ち点3が取れたことに関しては、「結果的には良かったですけど、得点を取った後の戦い方は全く手放しで喜べないので」と述べ、「でも、課題が出た方が次に向かって行けるので、いいところと悪いところを整理して、次の試合に臨みたいと思います」と次節に向けて意気込みを語った。