恋の始まりって相手の心のうちがまったく読めないため、ドキドキしてばかりですが、それは男性たちだって同じ。気になる彼女の前だと落ち着きがなくなったり、いつもとは違う変なことをしてしまうことだってあるといいます。ときには自分でも“カッコ悪すぎ!”と思う行動をとってしまうことも……。

気になる彼女の前でやってしまったカッコ悪すぎる行動7つ

今回はそんな、彼らの愛すべき“カッコ悪い”行動をピックアップしてみました! こんなドジも彼女のことが大好きからだからこそ……と思うと、なんだかかわいい気がしませんか?

1: 「彼女が好きな曲をFB(フェイスブック)でチェックして、スマホにダウンロードし、彼女がいるときさりげなく曲をかけておく」

好きな曲がかぶる、というのはポイントが高い! 事前にFBで彼女の好みをリサーチしておいて、偶然を装って音楽の趣味が一致するのをアピールという作戦。彼女と音楽の話を直接するのは恥ずかしいから、こんな手の込んだことをするのでしょうか??

2: 「彼女と一緒にいるとき、なぜかものすごく早く歩いてしまうクセがあった」

これは“もっと歩幅を合わせてよ!”と思う女子も多いのではないでしょうか。照れくさいのはわかりますが、一緒のスピードで歩いてくれないと、困ってしまいます。そういったことまで気がまわらないあたり、まだまだ“カッコいい彼氏”にはなれません!

3: 「言葉を口にしたものの、頭が真っ白になってしまい、もごもごしながらお茶を濁す」

なんだか漫画チックなシーンですが、ほんとうに好きな人が目の前にいると、自分でもなんをしゃべっているんだかわからなくなるときってありますよね。本当に言いたいことはもっとたくさんあるのに、どうでもいい話やつまらないことばかり口にしたり……。
結局、言葉を続けられず、もごもごしてしまうのはよくわかります。でもデートの相手としては、はきはきとしゃべる人のほうが好印象です、とくに男性は……。

4: 「映画館のチケット販売機に向かって“ありがとう”と言ってしまった」

好きな人がそばにいて、もう緊張のあまりなにがなんだか自分でもまったく掴みきれていない典型的パターン。でも店員さんにすごく横柄な態度をとる人や他人を見下したような振る舞いをする人よりも、機械に“ありがとう”って言ってしまう人のほうがかえって安心できるし、信頼できそうな気がします。

5: 「ソーダを飲もうとしてグラスを引き寄せたら、ストローが鼻の奥に入り込み、鼻血が出た。彼女は気づいていなかったけど……」

勢いあまってまさかの流血事態に……。これに気づかない彼女さんもどうかと思いますが、見てみぬフリをしていたのでしょうか?? 想像するだけでも痛そうですが、緊張しきっているともはや痛みも感じないくらいなのでしょうか。その後のデートの展開が気になります……。

6: 「彼女のデートのあと、自意識と緊張のあまり、奇妙なダンスを踊ってしまった」

まるで映画のワンシーンのような……はたから見る分には面白いですが、デートの相手だったら引いてしまうかもしれません……。でも好きな子とデートできた喜びをダンスという形で表現できるという人はかなりユニークで、付き合ってみたら楽しくなりそうです。

7: 「中学のとき、好きな子がうしろから歩いてくるのに気づくと、しゃがんで靴紐をなおすフリをしてた。実際には靴紐なんてついてない靴だったけど……」

まさに“青春あるある”の1コマ、ただ彼女と少しでもいられるだけで嬉しかったのでしょう。彼女は気づいていなかったでしょうが、こんなふうに思われていたなんて幸せなことです。ピュアな恋愛っていいですねー(しみじみ)。

いかがですか? まだ付き合いたての彼が急に突拍子もない行動に出たら、ひいたりしないで、ぜひ温かい目で見守ってあげてくださいね。すべては彼女が大好きゆえの行動なのですから……。