SUPER JUNIOR キュヒョンが宿泊…「台湾ホテル火災」受けて広がる議論に“キュヒョンがコメント”

写真拡大

SUPER JUNIORのキュヒョンが宿泊しているホテルに火災が起きたことが遅れて知られた。
今月25日、キュヒョンが宿泊していた台湾・台北のあるホテルで火災が起きたが、幸い人命被害はなかった。

しかし、キュヒョンの公演スタッフが火災当時、SNSに該当の建物から避難したような写真を掲載し、一部ネットユーザーらの間で“歌手を置き去りにして避難した”と提起され、議論が起きた。

これについてキュヒョンは自身のSNSに「台湾での火災で誤解があるようだ」と事件当時の状況を明かした。

キュヒョンは「僕はマネージャー、スタッフとその時間まで公演コメントの整理のために部屋に残っていて、避難するタイミングが遅れたが、鎮圧されたという話を聞いて、階段を下りて煙を吸うより、部屋に残ることを選んだ」と事情を説明した。

続いてキュヒョンは「僕の部屋にいた人々を除いた全スタッフは、ホテルの指示によって下に降り、3時間ほど待機した。問題があるとしたら、“大したことないだろう”と部屋に残り、スタッフと作業した僕が問題」と強調した。

キュヒョンは台北新荘体育館での公演を終え、26日午後3時に帰国した。