「海の中のお花見」をテーマにした春のプログラム

写真拡大

星野リゾートの「リゾナーレ熱海」(静岡県熱海市)は、「海の中のお花見」をテーマとする春のプログラムを、2017年3月1日から5月31日まで開催する。浜辺に打ち上げられた海藻を素材にして作った「海藻おしば」を、眺め、触れ、また、期間限定スイーツメニューに海藻カクテルなどが用意されている。

3月1日から5月31日までの春のプログラム

熱海の山上の地に佇むリゾートホテルの、最上階に位置するビーチのような空間「ソラノビーチ Books&Caf?」で開催。海藻の豊かな色彩や美しい形を花に見立てたプログラム。

東伊豆の海は海藻の種類が日本一豊富で、特に春は最も種類が多く色や形も美しいという。「海藻のお花見アートギャラリー」では、アクリル封入した海藻おしばの写真を吊り下げ、太陽の光でキラキラ輝きながら揺れる様を見ながらくつろげる。

ブックシェルフにも海藻写真が飾られており、ガラステーブルには海藻押し葉を封入。

海藻グリーティングカードのクラフト体験や、海藻のきらきらスイーツ&カクテルも提供する。