劇的決勝弾で大分を勝利に導いた鈴木「こぼれ球を狙っていました」

写真拡大

 明治安田生命J2リーグ第1節が26日に行われ、アビスパ福岡と大分トリニータが対戦。1−1のまま迎えた後半アディショナルタイム、CKの流れから鈴木義宜が決勝点を挙げ、J2に復帰した大分が開幕白星スタートを切った。

 試合後、劇的な決勝弾を決めた鈴木がインタビューに応じている。

「自分たちがボール持ってサッカーをしようということで、後半に入って相手の運動量も落ちてきたと思うので、そういう面では自分たちのサッカーができたと思います」と試合を総括。決勝点のシーンについては、「味方が相手と競り合っていたので、こぼれ球を狙っていました」と明かした。

 大分のファン・サポーターへは、「大分からたくさんのサポーターが来てくれて、自分たちの後押しとなりましたし、また勝ち点をこれから先も積み上げて行けるように頑張りたいと思います」とメッセージを送っている。