【詳細】他の写真はこちら

これが勝ち組の趣味ってやつか……!

大海原を自由にかけるボートやヨットは、今も昔も富裕層の象徴。以前にもレクサスの高級ボートをご紹介(関連記事)しましたが、いつかビッグになってこんなボートを乗り回したいものですね。そんな思いをさらに強くしてくれる、メルセデスAMGとのコラボレーションボート『50′ MARAUDER GT R』が登場しました。

レース志向な高級車ブランドとボートメーカー「Cigarette Racing」社のコラボで登場したこのボート、レースに関わる2つのチームが参加しているのだからそのキャラクターは明確。とにかく尖りまくった本体デザインとでっかい馬力のエンジンによる相乗効果で、まるで海上をすっ飛ぶように航行可能です。

全長50フィート(約15メートル)の船体に、2つの4リッターV8エンジン「Mercury Racing 1550/1350」を搭載。これにより、最大3100馬力という凄まじい推進力を得ています。

尖っているだけじゃない、超軽量化を達成したボディ





側面から見てもやっぱり鋭角でエッジの立ったデザイン。本体には軽量なカーボンファイバーを採用。ベースとなったモデルと比較して1300ポンド(約590kg)の軽量化に成功しています。

エンジンブロックにまで高級感が漂う……





船体に搭載された、Mercury Racingのエンジン。真横に並列レイアウト化されていないのは、船体の横幅を細く絞るためでしょうか?

インテリアはレジャー用というよりコックピット?





座席はしっかりしたシートを備えた5人乗り仕様。ラグジュアリーボートのようなゆったり感はありませんが、そんなゆるいシートではこの快速ボートからは振り落とされてしまうことでしょう。



つい先日発表された「2018 AMG GT R」のカラーリングも取り入れられている、この『50′ MARAUDER GT R』。価格は要お問い合わせとなっていますが、こういう超高級製品ってオーダー次第で価格が大きく異なるんでしょうか? とにかく、一度でもいいから乗ってみたいことだけは確かです。

文/塚本直樹

関連サイト



Cigarette Racing(製品ページ)

関連記事



海上でもレクサスはセクシー! 流線型の高級ヨット・コンセプト発表

屋根の上に注目。メルセデスが考える「未来のバン」はドローン搭載型?

クルマ電脳化の最先端を『メルセデス・ベンツ Eクラス』に見た!