俳優役のアイオン・ベイリー
 - JB Lacroix / WireImage / Getty Images

写真拡大

 米テレビドラマ「ワンス・アポン・ア・タイム」でオーガスト/ピノキオを演じたアイオン・ベイリーが、マット・ボマー主演のAmazonドラマ「ラスト・タイクーン(仮題)」のキャストに加わったとDeadlineなどが報じた。

 同ドラマは、作家F・スコット・フィッツジェラルドによる未完の長編小説「ラスト・タイクーン」を基にした作品。マットが主人公モンロー・スターを演じ、映画スタジオ経営者パット・ブレイディ役にケルシー・グラマー、その妻役にローズマリー・デウィット、モンローに恋するパットの娘シリア役にはリリー・コリンズがキャスティングされている。

 アイオンが演じるのは俳優のクリント・フロスト。ハンサムで自信に満ちた彼は、映画スタジオのために自分の新作映画を試写することを楽しみにしているが、映画の出来も自分の演技も良くないことに気づき、真っ青になるという。同ドラマにはジェニファー・ビールスも大女優役で出演することが報じられている。

 「ラスト・タイクーン(仮題)」は昨年7月にシリーズ化が決定したが、配信時期はまだ発表されていない。(澤田理沙)