50歳の誕生日を迎えたカズがスタメン出場。(C) SOCCER DIGEST

写真拡大

[J2リーグ開幕戦]横浜FC 1-0 松本/2月26日(日)/ニッパツ

 横浜FCが、記念すべき50歳Jリーガーの誕生に、勝利で華を添えた。

 この日、50歳の誕生日を迎えた三浦知良はスタメン出場。イバとの2トップでスタートからピッチに立った。

 ゲームは立ち上がりこそ、松本が前線からのアグレッシブな守備で押し込んだが、横浜FCも粘り強い対応から次第に攻撃の糸口を掴み始める。そして16分、イバのパスを受けた野村直輝が左足のシュートを突き刺す。横浜FCが先制する。

 その後はともにチャンスを生かせず横浜FCの1点リードで前半を折り返した。

 前半はチャンスに絡めなかったカズだが、後半に入り57分、ペナルティエリア手前からダイレクトで狙い澄ましたシュートを放つ。これもGKにキャッチされ、ゴールとはならず。カズはその後65分に津田知宏と交代。バースデーゴールとはならなかったが、Jリーグ史上初となる50歳プレーヤーとなった。

 その後もディフェンスラインを中心とした粘り強い守備で松本の反撃を無得点に抑えた横浜FCは、ホーム開幕戦で昨季3位の強敵を相手に無失点勝利。カズの50歳の誕生日に華を添えた。

 試合後のインタビューで、カズは「今日も最高の雰囲気を作ってくれた。これからも高いモチベーションで続けられるようにみんなで力を合わせて前を向いてやっていきたい」と語り、50歳となったこれからも現役への強いこだわりを示している。

【PHOTO】キングカズ、 50歳のバースデーに先発出場し、最年長出場記録を更新!