1年でのJ1復帰を目指す湘南、菊地の決勝点で勝利…水戸は後半に猛攻も実らず

写真拡大

 明治安田生命J2リーグ第1節が26日に行われ、水戸ホーリーホックと湘南ベルマーレが対戦した。

 序盤の主導権を握った湘南は、ジネイや表原玄太らが積極的にシュートを放っていく。12分には菊地俊介が直接FKで狙ったが、ポストの右を叩いた。42分には秋野央樹からパスを受けた表原がドリブルからフィニッシュまで持ち込んだが、このシュートはゴールポストに直撃。前半は両チームともにスコアレスで折り返す。

 66分に湘南が待望の先制点を奪う。途中出場の下田北斗がCKからグラウンダーのクロスを送ると、菊地がダイレクトで合わせ、ゴールネットを揺らす。その後はホームの水戸が猛攻を仕掛けたが、最後まで得点は生まれず、0−1のままタイムアップ。

 1年でのJ1復帰を目指す湘南が水戸を下し、J2開幕戦を白星で飾った。

 次節、水戸はホームでツエーゲン金沢と、湘南はホームでザスパクサツ群馬と対戦する。

【スコア】
水戸ホーリーホック 0−1 湘南ベルマーレ

【得点者】
0−1 66分 菊地俊介(湘南)