徳島、新加入の杉本太郎が決勝点…東京Vを下して開幕戦白星発進

写真拡大

 2017明治安田生命J2リーグ第1節が26日に開催され、徳島ヴォルティスと東京ヴェルディが対戦した。

 26分、徳島は馬渡和彰が敵陣左サイド深くで相手を振り切りクロス。最後は新加入の杉本太郎が右足で合わせ、先制に成功する。東京Vは高木喜朗、高木大輔らを中心にゴールを目指すが、徳島守備陣の前にどうしても1点を挙げることができない。

 試合はこのまま1−0で終了。徳島が杉本のゴールを守り抜き、東京Vを下した。

 次節、徳島はアウェーで京都サンガF.C.と、東京Vはホームで大分トリニータと対戦する。

【スコア】
徳島ヴォルティス 1−0 東京ヴェルディ

【得点者】
1−0 26分 杉本太郎(徳島ヴォルティス)