昨季PO進出の京都、山形に2失点惜敗…闘莉王が痛恨のPK献上

写真拡大

 2017明治安田生命J2リーグ第1節が26日に行われ、京都サンガF.C.とモンテディオ山形が対戦した。

 試合が動いたのは35分。左サイドで縦パスを受けた山形の瀬川和樹が左足でクロスを供給。これをファーサイドへ走りこんだ瀬沼優司が頭でたたき、ゴール右隅へ流し込んだ。

 後半に入って55分、ドリブル突破を図った南秀仁が、エリア左で田中マルクス闘莉王に倒される。このPKのチャンスを鈴木雄斗が落ち着いて沈め、山形がリードを広げた。

 京都は90分に高卒ルーキー岩崎悠人のクロスからケヴィン・オリスがヘディングシュートを決め、1点差に詰めよる。しかし試合はこのままタイムアップ。昨季J1昇格プレーオフまで進んだ京都だが、開幕節はホームで山形に敗れることとなった。

 次節、京都はホームで徳島ヴォルティスと、山形は敵地でジェフユナイテッド千葉と対戦する。

【スコア】
京都サンガF.C. 1−2 モンテディオ山形

【得点者】
0−1 35分 瀬沼優司(山形)
0−2 57分 鈴木雄斗(PK)(山形)
1−2 90分 ケヴィン・オリス(京都)