横浜FCが野村弾を守り抜き松本を下す…先発のカズはゴールならず

写真拡大

 2017明治安田生命J2リーグ第1節が26日に行われ、横浜FCと松本山雅FCが対戦した。

 ホームの横浜FCは、この日50歳の誕生日を迎えたFW三浦知良と昨季18ゴールのFWイバが2トップを組む。対する松本は、昨季16ゴールのFW高崎寛之が最前線に入る。DFヨ・ソンへやMFセルジーニョといった新加入選手も先発に名を連ねた。

 最初に決定機を迎えたのは松本。右からのクロスに高崎が頭で合わせるも、これはGK正面。16分、横浜FCはイバのパスを受けた野村直輝がPA外から右足を振り抜く。これが見事にゴール左に決まり、横浜FCがファーストシュートで先制した。

 57分、追加点を狙う横浜FCはゴール正面で三浦がカーブのかかったシュートを放つ。しかしこれは相手GKが冷静にキャッチし、得点とはならない。三浦は65分に津田知宏と交代となり、この試合ではゴールを挙げることはできなかった。

 松本はサイドからの攻撃でゴールをうかがうが、横浜FCも粘り強く対応する。このまま試合は終了を迎え、横浜FCが松本を完封。開幕戦白星発進となった。

 次節、横浜FCはアウェーでV・ファーレン長崎と、松本はアウェーで愛媛FCと対戦する。

【スコア】
横浜FC 1−0 松本山雅FC

【得点者】
1−0 16分 野村直輝(横浜FC)