アラサー女性の胸に突き刺さるな…『東京タラレバ娘』のグミが新発売 / タラの白子でもレバテキでもなくアセロラ味だよ!

写真拡大

アラサー独身女性が今最も目を離せない漫画、それは東村アキコ先生の『東京タラレバ娘』です。現在ドラマも放送中で、ある意味、涙なしには視聴できません。

そんな『東京タラレバ娘』のグミが新発売されました。白子味とか、レバー味とかなのかな?とちょっと思ったけれどそんなことはなく、アセロラ味で普通においしそう!

【『東京タラレバ娘』のタラとレバがグミに】

「東京タラレバ娘グミ」は、主人公の倫子さんにだけ見える幻の「タラ」と「レバ」をかたどったグミ。2月21日から全国のスーパーやコンビニなどで販売されており、価格は180円(税抜)です。

「タラ」はタラの白子、「レバ」はレバテキをキャラクター化したもの。かわいい見た目からは想像できない、正論だけどキツーーーイお言葉が話題になっています。あの「タラ」と「レバ」のグミを目の前にしたら、いろいろと聞きたくない声が聞こえてきそうで怖い。

【コミック風フキダシメモが付いてくる】

また、オマケとして、胸に突き刺さるセリフにフォーカスしたコミック風のフキダシメモ1種類が付いています。「タラ」と「レバ」の会話や登場人物たちの日常シーンなど、原作コミックの1コマを切り取っているとのこと。

フキダシメモの1枚目には原作そのままのセリフが入っており、2枚目以降をメモとして使えるみたいです。イラストは20種類あり、それぞれ15枚つづり。

フキダシに自分への応援メッセージを書き込んで見えるところに貼っておけば、今年こそ結婚できる……かなぁ。見るたびに泣くかも。

参照元:プレスリリース
執筆=夢野うさぎ (c)Pouch

画像をもっと見る